2007年09月02日

【信じられない映像】

世界選手権大阪大会の競歩をテレビで見ていて信じられない光景を目にした。痛々しくて見ていられなかった。こんなことがあってもいいんだろうか。あまりにも信じられない失態だった。

『陸上の第11回世界選手権大阪大会第8日の1日、大阪市の長居陸上競技場を発着点に行われた男子50キロ競歩で、上位につけていた山崎勇喜選手(23)=長谷川体育施設=が終盤、周回を残しているにもかかわらず、審判員の誘導ミスでゴールのある同競技場内に入ってしまい、ゴールが認めらず棄権扱いになるという国際競技大会では異例のトラブルが起きた。
 緊急記者会見を行った大会組織委員会の桜井孝次運営本部長は「運営上のミスで、申し訳ない。山崎選手に心からおわびする」と謝罪。審判員の連係に不手際があったことを認めた。日本選手団は「大失態。あり得ない、起こり得ないことが起こった」(沢木啓祐団長)と抗議したが、桜井本部長によると、同選手に対する救済措置は取られないという。
 山崎選手は37キロ過ぎまで3位と健闘。その後、疲れからペースが落ちて残り5キロで6位に後退。8位に下がった後、さらに抜かれたところで、競技場に入り、そのままゴールした。問題の場面では、あと1周を残していた山崎選手を複数の審判員が手ぶりで誤った方向に誘導。同選手もこのミスに気付かなかった。前回大会で8位の同選手は日本のエース。今大会、競歩種目で日本選手初の2大会連続入賞を目指していた。』(9月1日付時事通信) 


【許されないロジのミス】

これは世界選手権を主催した大会組織委員会のロジにおける明確なミスだ。しかも極めて初歩的なミスであり、いかなる言い訳も許されないだろう。

単なるお詫びでは許されないのは言うまでもない。組織委員会はトップ以下明確な形での「けじめ」をつけなければならないだろう。

それほどロジとは重たいものだ。1人の大事な選手生命を奪いかけたのだから。ロジとは会議や競技といったイベントを開催するにあたって、参加者のケアから会場の設営、予算管理、広報、警備などあらゆる後方部隊による裏方の仕事を指す。もともとは軍事用語で、兵員・兵器・弾薬・食料・衣類・医薬品など作戦に必要となる資源を作戦計画に従って必要量を計算し、計画、確保、管理、補給する活動を言い、この意味では兵站(へいたん)と訳される。

本番で今回のようなことが起きないようにあらゆる局面を想定し、万全の準備をするのがロジに携わる後方部隊の任務であり、それによってイベントの真価が発揮されるのだ。

その一番大事なところでミスをしたのだから、この世界大会が失敗したと言われても仕方がないくらいの大失態なのだ。組織委員会はそういう自覚をもってロジをやっていたのだろうか。

ロジの失態により大変な目に遭った山崎選手。自分の失敗ではないのだから、早く今回のことは忘れて、次のチャンスに向かって頑張ってほしいと心から願っています。頑張ってください。  



< 2007年09>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2018/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved