2010年05月25日

【パックマン】

グーグルは常に斬新なアイデアを提供してくれます。

『グーグルは22日から、バンダイナムコゲームス(当時ナムコ)の人気ゲーム「パックマン」の誕生30周年を記念して、ゲームを楽しめるロゴを検索エンジンのトップページに掲載する。ゲームレベルは256面あり、画像、音など、オリジナルのゲームを再現した。ブラウザー上で遊べるロゴは初めて。アップルの新端末「iPad」(アイパッド)やスマートフォンでも遊べる。24日まで。

 「Google検索」ボタンの横に期間中、設置される「Insert Coin」ボタンを押すとゲームがスタート。2回押すとミズ・パックマンと対戦もできる。パックマンの操作は矢印キーのほか、迷路の中ではクリックを使う。ミズ・パックマンはW、A、S、Dのキーで操作する。

 パックマンは黄色い円形のキャラクターが、えさを食べながら迷路を進むゲーム。世界中で人気を集め、05年に「世界一のアーケードゲーム」としてギネスブックに認定された。ミズ・パックマンは米国で生まれた女の子のキャラクター。』(5月22日付毎日新聞)


【ソニーと提携】

検索エンジンのトップページのロゴに動くゲームを採用するとは斬新ですよね。さっそく試してみましたが、パックマンにハマっていたころのことを思いだして結構楽しめました。今日までの期間限定ですのでみなさんも試してみてはいかがですか。

さて、そのグーグル、先週にはもうひとつ新しい動きがありました。毎日新聞の記事によれば、ソニーと米インターネット検索大手のグーグルは5月21日に、インターネットを利用した新たな情報機器の共同開発などで、戦略的に提携することで合意したと発表しました。その第1弾としてネット対応の新型テレビを開発し、今秋、米国で発売するほか、グーグルのソフト技術とソニーが蓄積した情報家電での技術を融合し、米アップルの新型携帯端末「iPad(アイパッド)」などに対抗する情報端末などを開発・投入していくことも検討するということです。

先進的な技術力で定評のあるソニーと、新しいビジネスモデルとアイデアでフリーエコノミーをけん引するグーグルが手を組めば、スティーブ・ジョブスのアップルに対抗できるのではないかという期待感も膨らんできますね。グーグルとアップルはその急成長ぶりからかつての盟友的関係から競合的な関係にシフトしていっていますが、ユーザーにとってプラスをもたらすものであればどんどん競争していってもらいたいですね。

  




< 2010年05>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2018/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved