2011年11月18日

【まさかの3連勝】

ソフトバンクがやってくれました。

『プロ野球の「コナミ日本シリーズ2011」第5戦は、ソフトバンクが中日を5-0で破り、対戦成績を3勝2敗とし、8年ぶり5回目(前身の南海、ダイエー時代を含む)のシリーズ制覇に王手をかけた。第6戦はソフトバンクの本拠地、福岡・ヤフードームで19日午後6時15分から行われる。

【試合の詳報と写真 小池が超ファインプレーも…】中日VSソフトバンク第5戦

 ソフトバンクは一回、川崎と内川の安打でチャンスを作り、4番・小久保の適時打で先制。第4戦に続き、第5戦もソフトバンクが初回、先手を取った。ソフトバンク先発・山田は低めの制球が冴え六回無失点。序盤不安定だった中日の先発・チェンも、四回ライト小池のファインプレーをきっかけに調子を上げ、1点を争う緊迫の投手戦となり終盤に入った。

 ソフトバンクは七回、疲れの見える中日・先発チェンを攻め、松田、長谷川の安打で1死一、二塁に。8番細川が適時打で待望の追加点を挙げ2-0。八回にも、本多、内川の安打と小久保の四球で無死満塁とし、中日2番手の河原から、松田の押し出し死球と多村の適時打で3点を追加し5-0とした。

 ソフトバンク投手陣は、先発の山田から摂津、森福、馬原と継投で中日打線を封じた。』(11月17日付毎日新聞)

【本拠地での勝利を】

ファンにとってこれほど嬉しいことはありません。本拠地でのまさかの2連敗で行ったアウェーの名古屋。このまま例年のCSと同じく敗退してしまうのではないかと不安に思っていたファンも多いのではないでしょうか。

ところが、ところが、あれよあれよという間の敵地での3連勝。やっぱり今年のホークスは違うと感じ入りました。小久保や川崎らのベテランの活躍に加えて、山田投手や森福投手をはじめとする投手陣の踏ん張りには本当にスカッとしました。

落合監督率いる中日にまだまだ油断は禁物ですが、是非本拠地やフードームで土曜日にぶっちぎりで勝って日本になってもらいたいと思います。頑張れ、ホークス!!!  




< 2011年11>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2018/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved