2008年08月11日

【谷が敗れた】

最も金メダルの期待が高かった谷亮子が敗れた。

『北京五輪女子柔道48キロ級の試合が9日、北京科技大学体育館で行われ、谷亮子は準決勝で破れ3位決定戦で銅メダルを獲得した。5大会連続のメダルとなった。
 柔道では男子60キロ級の野村忠宏以来、女子柔道では初となる3大会連続の金メダルを目指したが、準決勝でアリナ・ドゥミトル(ルーマニア)に指導ひとつの差で敗れた。
 今回で5大会連続の五輪出場。バルセロナとアトランタの決勝において2回連続で敗れた後、「最低でも金」と臨んだシドニー大会で金メダル、結婚後のアテネで連覇を果たした。2005年末に長男を出産した後、初めて出場した国際大会の07年世界選手権では「ママでも金」を達成。今大会も女子柔道初となる柔道3連覇を目指したが、夢はかなわなかった。 
 ただ谷は試合後、「5大会連続のメダル獲得。自分自身のなかでは全力を出し切った結果なのでうれしく思う。日本で応援してくれた人や会場で応援してくれたファンに感謝の気持ちいっぱい」と笑顔で語った。』(8月9日付ロイター通信)


【常に前向き】

サッカーも、野球も、柔道もあまり芳しくないニュースしか聞こえてこない北京オリンピック。その最初のメダルは柔道の谷選手の銅でした。

それにしても谷選手の柔道家としての実力は凄い。過去5回連続の五輪出場に加えて、2大会連続の金メダル。今回、3大会連続の金メダルを目指して叶わなかったのですが、それでも銅メダル獲得です。並みの実力ではないことは誰しもが認めるところでしょう。

32歳で、しかも母親となっての今回の出場は、前回までとは違う人には言えない様々な苦労を乗り越えての出番だったでしょう。金メダル獲得へのプレッシャーもあどけない表情からはうかがい知れないくらい感じていたと思います。

本当にご苦労様でした、谷選手。もしも引退されるとしたら、これからは後輩達の指導に全力を尽くして、第二・第三の「谷亮子」を日本柔道界に育てていってくれることを切に望みます。


同じカテゴリー(スポーツ)の記事画像
柔道界の摩訶不思議-隠ぺい叶わず
テンション上がる新横綱と大関稀勢の里
日馬富士、満場一致で横綱昇進へ
なでしこ、決勝へ
日馬富士、いよいよ綱取りへ
あっぱれ、旭天鵬
同じカテゴリー(スポーツ)の記事
 柔道界の摩訶不思議-隠ぺい叶わず (2013-02-01 05:28)
 テンション上がる新横綱と大関稀勢の里 (2012-11-12 05:11)
 日馬富士、満場一致で横綱昇進へ (2012-09-25 06:11)
 なでしこ、決勝へ (2012-08-08 08:15)
 日馬富士、いよいよ綱取りへ (2012-07-24 08:18)
 あっぱれ、旭天鵬 (2012-05-21 06:43)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2018/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved