2010年10月29日

【読書の習慣】

意外に本を読まない人が多いことがわかります。

『読売新聞社の読書に関する全国世論調査(9月25~26日実施、面接方式)で、1か月間に1冊も本を読まなかった人は52%だった。

 この質問を始めた1980年以降では、2002年の54%、昨年と98年の53%に次ぐ高い割合となった。

 読まなかった理由(複数回答)は、「時間がなかった」46%(昨年51%)、「読みたい本がなかった」21%(同21%)、「本を読まなくても困らない」16%(同18%)などの順に多かった。

 電子書籍について聞いたところ「利用したことがあるし、今後も利用したい」6%(同5%)、「利用したことはあるが、今後は利用したいと思わない」3%(同3%)で、利用者の割合は昨年から大きな変化はなかった。ただ、「利用したことはないが、利用してみたい」は25%(同19%)に増え、「利用したことはないし、利用したいと思わない」は65%(同71%)に減った。』(10月24日付読売新聞)


【みんなの読書事情】

読書とひと言で言っても人によっていろいろな目的があります。趣味で読んでいる人もいれば、仕事絡みで読んでいる人もいるし、アニメや漫画ばかり読んでいる人もいれば、専門書ばかり読んでいる人もいる。ジャンルも読書に割く時間もさまざまでしょう。

ただ、現代人、特に若者は読書に割く時間は昔に比べれば減っているのは確実ではないかと思います。
それは読書以外にも、さまざまな楽しみがたくさんあるからです。僕自身も自分の趣味や愉しみが読書以外にもたくさんあって、どうしても読書に割く時間が減っているのは間違いありません。

でも今まで生きてきて、読書が人生の節目節目で如何に自分の考え方や生き方に大きな影響を与えてきたか、如何に大きな恵みを与えてくれたかを考えると、これからも読書は自分の人生にとって欠かせない生活の一部だなあと思います。あなたにとって読書とは何ですか?




タグ :読書習慣

同じカテゴリー(文化)の記事画像
試練の船出-新歌舞伎座工事完了
「絆」から「金」へ―今年の漢字
スタバが市営図書館に-武雄市の実験
嘉麻の巨匠・織田廣喜さん死去
「暑」から「絆」へ―今年の漢字
新しい出会いの場「街コン」とは?
同じカテゴリー(文化)の記事
 試練の船出-新歌舞伎座工事完了 (2013-02-27 05:13)
 「絆」から「金」へ―今年の漢字 (2012-12-14 05:13)
 スタバが市営図書館に-武雄市の実験 (2012-08-21 05:24)
 嘉麻の巨匠・織田廣喜さん死去 (2012-06-01 12:08)
 「暑」から「絆」へ―今年の漢字 (2011-12-14 06:36)
 新しい出会いの場「街コン」とは? (2011-11-30 05:14)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2018/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved