2007年09月18日

【3年ぶりの快挙】

谷亮子選手が救ってくれた。敵を破って日本を救う。本当にお見事です。

『柔道の世界選手権最終日は16日、当地で男女各2階級を行い、出産を経て3年ぶりに国際大会に復帰した女子48キロ級の谷亮子(トヨタ自動車)が決勝で前回大会優勝のヤネト・ベルモイ(キューバ)に優勢勝ちし、2大会ぶり7度目の優勝を果たした。
 無差別級でも男子の棟田康幸(警視庁)、女子の塚田真希(綜合警備保障)がそろって優勝。日本勢は前日まで金メダルがなかったが、最終日に3個を獲得した。棟田は今大会の日本男子で最高成績となった。
 男子60キロ級の江種辰明(警視庁)は4回戦で敗れ、敗者復活最終戦でアテネ五輪銅メダルの崔敏浩(韓国)に屈した。』(9月17日付時事通信) 


【不振の日本柔道】


本当に谷はすごい。シドニーオリンピックで金メダルを獲得して7年。思い出せば、出産を経て2年ぶりに実戦復帰したのが今年4月の全日本選抜体重別でしたが、準備期間が短く、決勝で不覚を取りながらも代表に選ばれました。あのとき、選考会議では実績重視での代表選考に反対の声も上がりましたが、7度目の優勝を果たしたことでキチンと答えを出しました。おめでとうございます、谷選手。

谷の金メダルに救われたとはいえ、日本柔道は男子を中心に今大会は不振に苦しみました。来年の北京オリンピックを前に戦略の建て直しを迫られそうです。

北京では、谷の頑張りを糧に、是非日本柔道の意地を見せてほしいですね。

同じカテゴリー(スポーツ)の記事画像
柔道界の摩訶不思議-隠ぺい叶わず
テンション上がる新横綱と大関稀勢の里
日馬富士、満場一致で横綱昇進へ
なでしこ、決勝へ
日馬富士、いよいよ綱取りへ
あっぱれ、旭天鵬
同じカテゴリー(スポーツ)の記事
 柔道界の摩訶不思議-隠ぺい叶わず (2013-02-01 05:28)
 テンション上がる新横綱と大関稀勢の里 (2012-11-12 05:11)
 日馬富士、満場一致で横綱昇進へ (2012-09-25 06:11)
 なでしこ、決勝へ (2012-08-08 08:15)
 日馬富士、いよいよ綱取りへ (2012-07-24 08:18)
 あっぱれ、旭天鵬 (2012-05-21 06:43)


有限実行、本当にすごいと思います。男子はきちんと組んで投げる基本に立ち返ったほうがいいと思います。
アテネではそれが出来てたと思います。

Posted by 吉田 at 2007年09月18日 18:06

ほんとに最後に日本柔道、いいところを見せてくれたって感じでしたよね。谷亮子さんに救われました。

Posted by luckymentai at 2007年09月18日 22:52

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2018/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved