2012年04月13日

【結論先送り】

何度会議を開いても根本的な考え方が誤っていては時間の浪費です。

『野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚による第5回会合が12日夕、首相官邸で開かれ、定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題を協議したが、結論を先送りした。枝野氏は「何を議論しているのかも含めて、総合的に慎重に検討している途中段階という報告にとどめたい」として議論の詳細を明らかにせず、不透明さを残した。早ければ13日にも再度議論する。

 会合終了後に記者会見した枝野氏は「大変重要なことでもあり、さらに議論する必要がある。可能なら明日さらに議論したい」と述べ、慎重に協議を続けることを強調した。

 会合には藤村修官房長官、細野豪志原発事故担当相らが出席。経産省資源エネルギー庁が、9日の前回会合で示した関電管内の夏場の電力需給見通しをさらに精査した修正案を提示し、大飯原発を再稼働させる必要性があるかどうかを検討した。修正案の内容についても枝野氏は「詳細については報告できる段階にない」として明らかにしなかった。

 前回会合では、大飯原発の安全性について「おおむね判断基準に適合している」と結論を出していた。また、関電管内の電力需給については、今夏が10年並みの猛暑となった場合、供給力が19.6%不足するとの見通しも示していた。

 12日の会合では、原発を再稼働させなければ夏場の電力不足が避けられないと確認した上で、再稼働を妥当と判断するものとみられていた。』(4月12日付毎日新聞)


【許されない見切り発車】

この数週間の大飯原発の再稼働に向けた政府の動きが、「先ず再稼働ありき」ということは子供でもわかります。橋下市長が率いる大阪府市統合本部のエネルギー戦略会議から「再稼働に関する8条件」を突き付けられ、どうやったらウソの上塗りを国民に見破られずに再稼働できるか、非公開の会議を繰り返している野田政権。太平洋戦争末期にアメリカに追い詰められ、硫黄島や沖縄で無謀な特攻攻撃を繰り返した軍部や官僚が支配した大日本帝国の姿と極似してはいないでしょうか?
まさに、「日本原子力帝国」とでも呼べるような、国民の命をも顧みず、自らの保身のみに奔走する原子力ムラに操られる野田政権。

それで自分たちが自滅するだけなら勝手に自滅すればいいのですが、大飯の再稼働によってこれからなし崩しで他の原発の再稼働が行われ、根本的な原子力維持推進体制の見直しがさらに後退し、次のフクイチ事故を無為無策のまま招くことになれば、1億もの国民の命が果てしない放射能汚染にさらされることになるのですから絶対に許すことは出来ません。

今こそ、ひとりひとりの市民がツィッターでもいい、ブログでもいい、新聞への投書でも、テレビへの電話での抗議でもいい、政治家に対する直接の物言いでもいい、再稼働反対への声をあげることです。3/11前と決定的に違うのは、橋下氏のような原発に反対する政治家や孫正義氏のような経済人がどんどん声をあげていることです。絶対にあきらめないことが、子供たちの命を救うことになるのです。


同じカテゴリー(政治)の記事画像
仰天人事-ナベツネが情報保全の座長?
都知事選に細川氏出馬の波紋
ドイツ首相、原発廃止の意向
菅首相の率先視察をどう見るか―福島第一原発
破局寸前も政争?―自民と民主
予算にも原発回帰鮮明-安倍政権
同じカテゴリー(政治)の記事
 仰天人事-ナベツネが情報保全の座長? (2014-01-18 11:05)
 都知事選に細川氏出馬の波紋 (2014-01-11 09:12)
 ドイツ首相、原発廃止の意向 (2013-04-17 05:26)
 菅首相の率先視察をどう見るか―福島第一原発 (2013-03-31 07:28)
 破局寸前も政争?―自民と民主 (2013-03-23 06:50)
 予算にも原発回帰鮮明-安倍政権 (2013-01-15 08:27)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2017/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved