2012年06月07日

【遅すぎる規制機関論議】

本当に遅すぎるし、一体福島の事故後何をやっていたのかと疑念ばかりが膨らむ原子力規制機関の国会論議です。

 『民主、自民、公明3党は5日、原子力の安全規制を担う新たな行政組織について、政府案より人事・予算面で省庁からの独立性が高い「原子力規制委員会」の形式を取ることで合意した。3党は同日、政府案と自公案の修正協議を始め、民主党は自公案の組織の骨格を大筋で受け入れた。調整がつけば、新法案として今国会に再提出し成立を目指すことでも一致した。ただ緊急時の指揮権のあり方では隔たりが大きく、修正協議の焦点になる。

 原子力の安全規制の組織見直しは、東京電力福島第1原発事故を受けて始まった。原発の再稼働論議にも絡むため政府は早期発足を目指しており、民主党は同日の常任幹事会で、12日にも衆院本会議で法案を採決させる方針を確認した。

 政府案は、経済産業省原子力安全・保安院と内閣府原子力安全委員会を分離・統合して「原子力規制庁」を設け、これをチェックする「原子力安全調査委員会」を環境省に置く仕組み。これに対し、自公案は、公正取引委員会などと同じ国家行政組織法3条に基づく「原子力規制委員会」を環境省に設け、規制庁を事務局にとどめる形態にしている。

 自公案には、専門家らでつくる原子力規制委に指揮を委ね、政治家の介入を排除する狙いがあり、緊急時には首相や環境相らの関与が不可欠だとする政府案と隔たりがある。

 5日の衆院環境委員会でも指揮権をめぐる質疑が相次ぎ、細野豪志原発事故担当相は「国家の命運がかかった場合は規制委の判断を超えて(首相が)判断すべきだ」と主張。自民党の塩崎恭久元官房長官は「技術的なことは規制委が判断すべきだ」と反論した。

 一方、民主党は修正協議で、論点として▽緊急時の指揮権▽平時の防災体制▽地方自治体と政府、規制委の関係など17項目を提示。自公側は協力する姿勢を示した。【笈田直樹、岡崎大輔】』(6月6日付毎日新聞)


【箱より魂が問題】

おそらくあまり原子力のことを知らない国民から見れば、今回の与野党による原子力規制委員会の法案協議を聞くと、「ああ、ちゃんと独立性の高い原子力規制機関が出来るなら、原発の再稼働も道筋が着くかもしれない。」と思うでしょう。基本的には当初の政府案よりは原子力推進からは一歩引いた規制機関になる可能性は高くなったとは思いますが、それでも多くの疑念が湧いてきます。それはなぜか?

1. そもそも原子力事故を起こさないための機関を作るのに、なぜ事故後1年半も時間がかかっているのか、さらには、報道によれば今回急に与野党協議が進んだ背景は新機関設立の法律を作れば大飯の再稼働にも好材料になるからだと言うではないですか。原発の安全性を担保するための規制機関が発足の最初から原発の再稼働の「材料」に使われるなんて、本末転倒も甚だしいと思います。こんなことでは国家を滅亡の淵に追い込みかねない過酷な原発事故に対応できる機関なんて出来るはずはないと思うのは僕だけでしょうか。

2. 脱原発に向かうとしても一定期間原発の稼働が続くとしたら、今のような推進と規制が一緒になっている体制では危なくて仕方がないのは当然でしょう。そしてそれを改善するために独立性の高い機関を作ることも急ぐ必要があるのはわかります。しかし、もっと根本的な問題があります。それは福島の事故当時内閣官房参与として福島第一原発事故の処理に当たっていた田坂広志氏もその著書で語っているように、政界、財界、官界のリーダーが単なる原子力の技術的改善を行うだけでなく、ここまで経済優先・安全軽視で突進してフクイチを起こした原子力ムラと呼ばれる体制の人的、組織的、制度的、文化的要因を徹底的に分析し、原子力行政と原子力産業の徹底的な改革を行わなければ原子力の安全なんて担保できないということです。

そんな根本的なところに手をつけずに一部の組織だけをいじったくらいでは、到底国民の信頼も得られないでしょう。もちろん、与野党の合意で法律が出来上がっても官僚が自分たちの都合のいいように法律の運用が出来るように抜け穴だらけにする可能性も十分あります。政治家も国民も官僚になめられているのですから。これからも徹底した国民の監視の目が必要なことは言うまでもありません。


同じカテゴリー(政治)の記事画像
仰天人事-ナベツネが情報保全の座長?
都知事選に細川氏出馬の波紋
ドイツ首相、原発廃止の意向
菅首相の率先視察をどう見るか―福島第一原発
破局寸前も政争?―自民と民主
予算にも原発回帰鮮明-安倍政権
同じカテゴリー(政治)の記事
 仰天人事-ナベツネが情報保全の座長? (2014-01-18 11:05)
 都知事選に細川氏出馬の波紋 (2014-01-11 09:12)
 ドイツ首相、原発廃止の意向 (2013-04-17 05:26)
 菅首相の率先視察をどう見るか―福島第一原発 (2013-03-31 07:28)
 破局寸前も政争?―自民と民主 (2013-03-23 06:50)
 予算にも原発回帰鮮明-安倍政権 (2013-01-15 08:27)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2018/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved