上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  


2007年12月30日

【奇跡の回復】

オシム前監督が奇跡の回復を遂げている。

『“奇跡の老将”が現場復帰へ-。日本サッカー協会の川淵三郎キャプテン(71)が27日、今月24日から都内に転院している日本代表前監督、イビチャ・オシム氏(66)と面会。その後、会見を開き、本人との会話にまったく問題がなく、この日、リハビリで初めて歩くなど驚異的な回復を示していることから、状況を見極めながら、オシム氏に岡田ジャパンの“ご意見番”となるスーパーバイザー(SV)就任を依頼することを明かした。
 岡田ジャパンにとっては、これ以上ない援軍となりそうだ。奇跡的な回復を見せているオシム氏が、来年にも日本代表に“復帰”する。具体的なポストは未定だが、2010年W杯南アフリカ大会へ蓄積してきたノウハウを注入するSVが有力だ。
 「自分がこうしたいと思いついた時、相談してほしいし、受け入れる準備はある。日本協会はいつでもカムバックを待っている」。川淵キャプテンは、今月上旬、オシム前監督を担当してきた千田善通訳と1年契約を済ませた事実を明らかにし、それによって老将に帰る場所を用意した。
 川淵氏は約20分間、車いすに乗ったオシム氏を見舞った。握った右手の力は、以前と変わっていなかったという。90キロあった体重は15キロも落ちたが「若返って“ハンサムになったね”と言ったぐらい。驚くぐらいの回復。心からうれしかった」と印象を口にした。』(12月28日付デイリースポーツ)


【地獄から生還】

イビチャ・オシム前監督(66)が千葉県内の自宅で急性脳梗塞(こうそく)で倒れ、同県浦安市内の順天堂大浦安病院に入院したのは11月16日の未明のことだった。その日すぐに日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンが、東京・本郷のJFAハウスで涙ながらに緊急会見したとき、オシム氏の病状が極めて悪いことを予感させた。

集中治療室の中で昏睡状態のまま三週間近くが過ぎた12月4日、突如「試合は?」の第一声とともにオシム氏は意識を回復し、それからはとんとん拍子に病状は回復に向かったのだ。そして今、岡田ジャパンのご意見番として現役復帰するとの声も出始めたというのはまさに「奇跡」と言えるだろう。一体、なにが監督をここまで回復させたのだろうか?

【先進医療の成果】

オシム氏の報道を見る中で、脳梗塞治療は最近目覚しい進歩を遂げているという事実を知った。そのひとつは血栓溶解療法と呼ばれるもので、脳梗塞発症より早期(3-6時間以内)の脳梗塞を対象とした最新治療で、治療開始が早ければ早いほど、いい結果が期待できるというものだ。

具体的には、血栓を溶かす薬(ウロキナーゼ、tPA)を注入して、詰まった血管を再開通させて、脳梗塞に陥りつつある脳細胞を救おうとする治療法だ。アメリカでは脳梗塞の治療でこの薬の投与をすることが認められていたが、日本でも最近保険適用となった。

いづれにしてもこういった最先端医療の進歩がオシム氏を救った面も多いのではないかと思われる。僕の父親が脳梗塞でなくなった20年以上前には考えられないような進歩だ。

脳梗塞というのは、発病すれば軽くても最低後遺症がどこかに残るし、最悪死に至る恐ろしい病気であり、最近は若い人にも症例が多くなっていると聞く。日本でも最新の治療が誰でも受けられるように早く専門医師たちが動いて厚労省にさらなる圧力をかけてほしいものだ。  


2007年12月24日

【メタボ健診に異論】

メタボ健診に現場からは異論が続出している。

 『来年4月に始まるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策の新健診制度について、日本産業衛生学会が厚生労働省に要望書の提出を打診したところ、批判的な記述の削除を求められていたことが分かった。厚労省は「一方的な意見なので、参考のため意見を付けた」と説明するが、同症候群の診断基準は国際的にも確定しておらず、厚労省の姿勢が問われそうだ。

 新健診は40~74歳の全員が対象。腹囲基準(男性85センチ以上、女性90センチ以上)が注目を集め、「メタボ健診」とも呼ばれる。

 関係者によると、産業医らが作る同学会は今年6月、厚労省に要望書の原案を提示。毎日新聞は、厚労省が添削して学会へ返送した文書を入手した。

 原案は腹囲基準について、心臓病などを効果的に予防できる科学的根拠が確立していない点などを指摘した。

 厚労省は100カ所以上に注文をつけ、批判的な表現の削除を求めた。修正理由も書き添え、「(日本内科学会など)8学会が科学的根拠に基づき決めたメタボリックシンドロームの基準に、一方的に異論を唱えるのはいかがなものか」「腹囲測定の意義等を無視した、きわめて個人的な意見であり、訂正が必要」などとした。』(12月22日付毎日新聞)


【厚労省の姿勢】

それにしてもこの記事だけを見ても、常識的には厚労省の姿勢に疑問が沸く。それは批判は批判として真摯に受け止める姿勢に欠けるのではないかということだ。

メタボ基準には来年4月の実施を控えて異論が続出している。それも現場からの異論が多いのだ。心筋梗塞や脳卒中を予防し、医療費の膨張を防ごうという厚労省の目的には異論はないのだが、その一方的で画一的なやり方に現場の医師や医療関係者から異論が出ているのだから見逃せない。

【緩やかな独自基準】

先日も日本人間ドック学会が、国のメタボ基準が厳しすぎ、すぐには医療機関の受診の必要のない人まで「病人」と判定される恐れがあるとして国の判定値より緩やかな独自の判定値を定めたとの報道があった。(12月6日付毎日新聞)

その受診勧奨判定値の一部は以下のとおり。(カッコ内は国の判定値)

血圧(収縮期) 160(140)mmHg

   (拡張期) 100( 90)mmHg

中性脂肪          400(300)mg/dl

HDLコレステロール     29(34)mg/dl

LDLコレステロール    180(140)mg/dl

空腹時血糖         140(126)mg/dl


来年度から新しいメタボ基準での健診が始まるが、僕らサラリーマンは必ず受けなければならないので、選択の余地はない。全国一律ウェストは男性85センチというのも納得いかないけれど、メタボの「病院送り」基準に合致してしまったらどうしようと不安ばかりが先行する中、厚労省の威圧的な姿勢になおさら不安を感じるのは僕だけでしょうか?みなさんはどう自衛しますか?  


2007年12月09日

【今度は胃腸炎?】

インフルエンザに続いて感染性胃腸炎も流行しているという報道が目に付いた。

『ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が流行している。約110人の集団感染が判明した6日、県は緊急会議で予防策の周知徹底を確認。北海道などで例年より早く流行しているインフルエンザへの警戒も強め、高齢者施設などに注意を呼び掛ける方針だ。

 感染性胃腸炎の県内36医療機関での定点調査では11月第4週の患者数は787人。一定点当たりでは全国トップの21.86人で、警報基準値の20人を超えた。第5週は1155人、一定点当たり32.08人に急増している。

 6日に判明した感染者は(1)大分市内の専修学校の学生寮生と職員(2)同市の飲食店「加代」(6日から4日間の営業停止)の弁当を食べた客(3)国東市のバレーボール大会に参加した小学生(4)竹田市の保育所の園児と職員。おう吐や下痢などの症状を訴えたが、いずれも快方に向かっているという。』(12月07日付西日本新聞)


【予防手段の徹底を】

インフルエンザにしてもノロウィルスにしても感染の防止に最も効果のあるのは手洗いなどの徹底だ。感染者が施設内でおう吐したのが原因で感染したケースが目立つということなので、消毒液で浸したタオルで覆うなどおう吐物の処理を徹底することが先ず何より大事らしい。

そして個々人では徹底的に手洗いを励行することが感染防止につながるので、みなさんも十分気をつけてください。  


2007年12月01日

【インフルエンザの予防策】

いよいよインフルエンザの季節がやってきた。今年は1月ほど例年より早くインフルエンザが流行しているらしいが、予防策としては何が効果があるかについて興味深いニュースがありました。

『インフルエンザや新型肺炎(SARS)などの呼吸器系ウイルスの感染を予防するには、薬よりも手洗いやマスクの着用といった物理的な方法が効果的との可能性を示す研究結果が明らかになった。
 国際的な科学者チームが、51の研究結果を精査。所見を英医学会会報で発表した。
 研究チームでは「山のような証拠は、ワクチンや抗ウイルス薬がインフルエンザの感染を予防するのに不十分であることを示した」として、国の流行病対策プランはより簡単で安価な物理的手段に重点を置くべきだと提言している。
 同チームによると、手洗いやマスク、手袋、ガウンの着用はそれぞれが呼吸器系ウイルスの感染予防に効果的であり、それらを組み合わせることでさらに予防効果が高まるという。』(11月29日付ロイター通信)


【今からでも遅くない】

手洗いなどの予防策はこれからインフルエンザが流行りだしてからでも遅くはありませんが、ワクチンの注射については事前に手当てしておくに越したことはありません。

僕も先週すでに近くのクリニックでワクチン注射を済ませました。そこは注射代は安くて2000円。病院によって千差万別で3000円~4000円するところが普通みたいです。

小さな子供さんや高齢の方が同居しておられるご家庭などはできるだけ家族全員が予防注射をしておくことが望ましいと思います。みなさんはお済みですか?今からでも遅くはありませんよ。  


2007年11月16日

【深刻な産科医不足】

またしても産科医不足の深刻な実態が浮き彫りになっています。

『産科医不足の深刻化に伴い、昨年4月以降に出産の取り扱いを休止した病院が、全国で少なくとも127か所に上ることが読売新聞の全国調査でわかった。出産を扱う病院がこの1年半で約1割減ったことになる。休止は、地域医療の中核を担う総合病院にも及び、お産の「空白地帯」が広がっているほか、その近隣の病院に妊婦が集中し、勤務医の労働環境がさらに悪化する事態となっている。

 調査は、各都道府県が休止を把握している病院の数に、ホームページなどで休止を周知している病院への取材結果も加えて集計した。それによると、2006年4月以降にお産の扱いを休止した病院は132病院だったが、このうち5病院は、その後、産科医を確保するなどして再開にこぎつけた。また、来春までに休止方針を打ち出している病院も12か所あった。』(11月15日付読売新聞)


【少子高齢化に向けて】

出産を扱う病院がこれほどのスピードで減少しているというのは本当に驚きでした。

この産科医不足の実態、地域によってもものすごい格差があるとのこと。例えば、分娩施設の数が多い地域と少ない地域とでは5倍から8倍の差があるという実態が産科婦人科学会の調査で判明しています。多いところの上位5地域は大阪・東京・愛知・神奈川・福岡、少ないところの最下位5地域は山梨・鳥取・高知・島根・徳島。

これからますます少子高齢化が進んでいく日本。そんな中で子供を生みたくても生めないような悲惨な事態になっていく可能性が高いのは、前述のような過疎地でしょう。

厚生労働省、そして医学会全体で真剣かつ早急に産科医不足に対する対策を立てて欲しいと思うのは僕だけでしょうか?  


2007年11月15日

【正露丸の復活】

中高年の方にはなじみの深い「正露丸」が自衛隊の装備品として復活したというニュースが目に留まりました。

『日露戦争時に日本軍が製造し、陸海軍の装備品だった胃腸薬「正露丸」が今年、100年ぶりに自衛隊の装備品に復活した。大幸薬品の「セイロガン糖衣A」が防衛省の装備品として採用されたもので、今年3月のネパール派遣の際に自衛隊員に配給されたという。

 「正露丸」はこれまで部隊ごとに購入され、駐屯地の救急箱などに置かれているケースはあったが、「防衛省の補給統制部が一括購入して、海外部隊に初めて支給した。装備品として復活したのは100年ぶり」(柴田仁社長)という。

 同社によると、7個を納品し、今年1月の防衛庁から防衛省に移行後、初の海外派遣となった3月の国連ネパール支援団(UNMIN)に参加する自衛隊員に配給されたという。』(11月12日付産経新聞)


【宣伝効果?】

それにしてもこのニュース、一体どこにニュース性があるのだろうと不思議な思いで取り上げました。

ニュース性があるとすれば、大幸薬品の社長が言うところの「装備品として復活したのは100年ぶり」という部分なのでしょう。でも待ってください。自衛隊は未だ発足して100年も経っていませんので、軍隊の装備品としてということでしょう。

この報道によれば、『「正露丸」は日露戦争前、腸チフスなど感染症の予防のため、当時の陸軍軍医学校が開発したのが起源とされる。服用を奨励するため、ロシアを征服するという意味を込めて「征露丸」と名づけられた。日露戦争終結後に製造販売が民間業者に開放され、日本軍は1906年に装備品としての配給を廃止した。』とのこと。

しかも、正露丸はラッパのマークの大幸薬品の登録商標ではなく、今では無数の医薬品メーカーが同じ「正露丸」という名前で販売しているそうです。(これは驚きでした)

もちろん、今回自衛隊に採用された大幸薬品の「正露丸」は「セイロガン糖衣A」という商品名なのですが、どうもこのニュース、新聞社がうまく大幸薬品の宣伝に乗せられたのではという気がしてきます。

平成の大本営発表みたいですね。ユーモラスな点が救いですが・・・・  


2007年10月29日

【タイム誌への投稿】

10月29日号タイム誌の記事"The Newest Wrinkle"について10月27日に投稿しましたので公開します。

The Newest Wrinkle TIME, October 29, 2007

The older I get, the more often I worry about the age spots, wrinkles and acne on my face although I am not an appearance-conscious woman. In that sense, your article on do-it-yourself dermatology gadgets gets my attention so much. Once the safety of those gadgets is confirmed together with simple use and reasonable price, not only Americans but people all over the world will rush to buy them because we have the strong and potential desire for dressing up our appearance even by getting rid of our physical defects secretly.


≪拙訳≫

僕自身は外見にうるさい女性ではないのですが、それでもやはり、年を取れば取るほど顔のシミ、シワ、にきびが気になってくるものです。その意味で、自分で処置する皮膚治療器に関する貴記事には大いに興味を持ちました。使い勝手が簡便で安いことに加えて、いったん安全性が確認されれば、アメリカ人のみならず世界中の人がその治療器に殺到するでしょう。というのは、私たちは人に知られずに身体的な欠陥を取り除いてでも外見を良く見せたいという潜在的な願望が強いからです。

  


2007年10月26日

【光が狂わす体内時計】

夜の光は睡眠に悪いことが実証されたそうです。

『真夜中に強い光を浴びると、体内時計が一時的に止まって見える現象が起きるのは、個々の細胞のリズムがばらばらになるのが原因であることが、理化学研究所と近畿大、名古屋大の研究チームがマウスの細胞を使って行った実験で分かった。人間でも睡眠のリズムを守るには、深夜に強い光を避ける必要があることが改めて裏付けられた。論文は22日、英科学誌ネイチャー・セル・バイオロジー電子版に掲載された。』 (10月22日付時事通信)

【自然のリズムを大切に】

昼と夜の繰り返しの中に微妙なバランスを保ちながら、生きているのがこの地球上に生きている生物です。その中でも人間は特にその微妙なバランスに心も身体も左右されるのです。

深夜の強い光は、そのリズムを狂わせる大きな元凶のひとつだということが今回実証されました。

健全な眠りのためには、適度の暗さと静けさが必要なようですね。
  


2007年08月12日

【たばこに寛容?】

ここ10年ほどで日本も相当禁煙が進んだと思っていましたが、世界では未だ最低レベル?そんな記事が眼に留まりました。

『たばこの煙に寛容な日本社会の姿が、「たばこ規制枠組み条約(FCTC)」を批准した各国の報告書から浮き彫りになった。

 今や職場や公共施設だけでなく、飲食店やバーでも「禁煙」が世界の潮流になりつつあるのに、日本ではせいぜい「分煙」どまり。対策がなかなか進まない現状に対し、各国報告書を集計したNPO法人日本禁煙学会では「日本は先進国の中で最低レベル」の烙印(らくいん)を押している。

 報告書は、FCTC事務局が条約批准から2年が過ぎた国にどこまで対策が進んだかを自己評価させているもので、これまでに日本も含め46か国が提出した。

 同学会のまとめによると、受動喫煙対策について日本は、官公庁、医療機関、教育機関、文化施設など公共のいずれの場所でも「部分的に実施」と回答した。しかし、世界の多数派の回答は「全面的に実施している」。官公庁については30か国、医療機関は31か国が全面的に実施と答え、日本のように部分的に実施と回答した国はいずれもその半分以下に過ぎなかった。』(8月8日付読売新聞)


【立ち遅れる日本】

「日本は先進国の中で最低レベル」の烙印(らくいん)を押しているNPO法人日本禁煙学会の見解どおりかどうかは各国の報告を詳細に見てみないと何ともいえないけれど、確かにまだまだ僕たち自身のたばこに対する意識が低いというのはいえるかもしれない。

街中を歩いてみれば、結構喫煙者は目立つし、公共スペースも全面禁煙の場所は未だ少ないようだ。

日本禁煙学界のホームページを見ると、受動禁煙防止条約を決めるCOP2(たばこ規制枠組み条約第2回締約国会議)が今年6月にタイのバンコクで全体会議が開かれ、その会議で参加126ヶ国のなかで日本政府だけが3カ所の削除や曖昧な用語への変更を訴えたそうだ。それだけ聞いても如何にも日本は孤立している印象を抱きますね。

結局、日本政府がその要求を取り下げて通称「受動喫煙防止条約」は成立したとのこと。その条約に基づいて公共の場、職場、レストラン、交通機関など例外なく完全に禁煙になるデッドラインは2010年2月。

僕はもともとたばこを吸わないし、あまり喫煙者も気になりませんが、これからももっと意識をもって受動喫煙の日本での進捗具合を見てみようと思っています。

みなさんは喫煙派、それとも禁煙派?  


2007年07月31日

【猫の回診?】

世の中には不思議な話があるものです。

『米ロードアイランド州プロビデンスの養護・リハビリセンターで飼われている2歳の一見、無邪気そうな猫のオスカー君は、医師や職員から「死の使い」と呼ばれている。オスカー君に「予知」されると、その患者は近いうちに必ず死亡するからだ。
 オスカー君は同センターの認知症看護のスタッフによって飼われているが、次に死亡する患者を予知するという。同センターの老人病専門医デービッド・ドーザ氏が「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メデシン」誌で明らかにしたところによると、オスカー君は定期的に患者を「回診」する。その際、患者をのぞき込んで少し鼻をひくひくさせてにおいをかぎ、そのまま通り過ぎるか、またはその患者のそばで体を丸めて横になる。
 オスカー君が体を丸めて横になった患者は必ず亡くなるため、職員は直ちに家族の呼び寄せや牧師の手配を開始するという。ドーザ氏は、3階でオスカー君がとどまらなかった患者で死んだ者はいないと書いている。そのために医師や職員がオスカー君に付けた別名は「死の天使」。ドーザ氏はこのようにして、これまでに25人以上の患者を見送った。
 ドーザ氏は、オスカー君にどうしてこのような予知能力があるのかは説明していないが、患者にはまだこのことは知られていないとしている。』(7月27日付時事通信)


【猫の予知能力】

もともと動物には地震や津波の前兆を予知したりする能力があると言われています。2004年12月に発生したスマトラ島沖地震では人間には多数の死者が出たのに、いたるところにあるはずの野生動物の死骸が見当たらなかったという報告があっていました。

果たして野生動物をはじめとして猫や犬には予知能力があるんでしょうか?未だに多くの謎に包まれていると言うのが現状でしょうね。

それにしてもこのオスカー君。入院患者のそばで身体を丸めて横になったら、その患者が必ず亡くなるなんて不気味ですよね。

たとえそういう事象が続いたとしても、このオスカー君に平然と「死の天使」の役回りを続けさせて今回のようにその内容を公表するなんて、ドーサ氏をはじめとするこの病院の関係者の神経にはちょっと驚かされました。

つまり、人の死の尊厳にも関わることではないかなあということです。もしそんな猫の謎の行為を続けさせるのなら、患者が必ず回復するのを知らせる「生の天使」であってほしかったですね。  


2007年07月28日

【伝染肥満児?】

「肥満は伝染する」っていう新説(?)がアメリカで発表されました。

『26日付の米紙ワシントン・ポスト(早版)によると、肥満の友人と付き合っている人はそうではない人に比べ、2~4年先に自分も肥満になるリスクが最大171%上昇するとの調査結果を、米ハーバード大医学部の研究チームがまとめた。
 調査は1971年から2003年までの32年間にわたって、全米の約1万2000人の成人を対象に行われた。その結果に統計処理を施したところ、配偶者が肥満である場合、2~4年以内に自分も肥満になる確率は37%、兄弟が肥満の場合は40%高まると算定された。友人が肥満の場合、親しさの度合いをどう思っているかによって幅が出るものの、57~171%という高い確率がはじき出された。肥満の友人が遠隔地に住んでいても、自分が肥満になるリスクは高まるという。』 (7月26日付時事通信)


【友達の友達はみな肥満?】

これはビックリするような結果ですね。 「類は類を呼ぶ」というのは諺の世界だけじゃなくて、現実の世界、しかも現代人が気にしている肥満について、肥満の友人を持つと自分も肥満になるというのですから、その衝撃度たるや強烈です。

まさに「友達の友達はみな肥満」になるというのですから。

何故?その理由としてワシントン・ポストはハーバード・メディカル・スクールの研究者ニコラス・クリスタキス氏の言葉を引用して、 「人はどんな理由にせよ、いったん肥満になると、その近くにいる人たちは肥満であることが社会的に容認されやすくなって、新しい社会的常識として急速に広まっていくのだ」と述べています。

Rather, the findings suggest that once a person becomes obese for whatever reason, it may make it more socially acceptable for people close to him or her to gain weight, and that new social norms can proliferate quickly.

それって凄いですね。みなさんの周りには肥満の方はいませんか?そしてあなたも肥満の友達に知らず知らずのうちに影響を受けていませんか?

もしそうだとしたら大変なことになりますよ。ビリーズ・ブート・キャンプをやるより、先ず友達や周りの人との付き合い方のほうがダイエットのためには必要かも・・・・

≪参考≫

・"Obesity Spreads in Social Circles As Trends Do, Study Indicates"・・・Washington Post dated on July 26, 2007
  



< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved