上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  


2009年01月17日

【奇跡の不時着】

機長の咄嗟の判断が155人もの人々の命を救った。

『米ニューヨークで15日に乗員乗客155人を乗せて川に不時着したUSエアウェイズの1549便。壊れた機体を操縦するチェスレイ・”サリー”・サレンバーガー機長は、高度920メートルで選択肢に尽き、意図的かつ冷静沈着に、ハドソン川への着水という道を選んだ。
 同機長は元空軍戦闘機のパイロットで、飛行歴は40年。今回操縦していたエアバスA320型機は、ニューヨークのラガーディア空港を離陸して間もなく、鳥の群れに衝突して双方のエンジンが故障したとみられている。
 機体は片方のエンジンが破損しても飛行できる設計。鳥との衝突によって両方の動力装置が壊れたことが連邦運輸当局の調査で事実と確認されれば、米航空史上では初めての事例となる。
 同機はノースカロライナ州シャーロットに向け、ラガーディア空港を午後3時半前に離陸。わずか数分後、ニューヨークの管制官には鳥にぶつかって両エンジンがやられたとのコックピットからの連絡が入った。管制官や航空当局者らの情報を集めると、全ての出来事は数分内に起こり、サレンバーガー機長は長年の経験で得たあらゆる知識を駆使してとっさの判断を迫られたようだ。
 ラガーディア空港に戻ったり、川の向こう側にある小さなティータボロ空港に着陸するにも、遠過ぎて間に合わなかったとみられる。管制官らによると、コックピットとのやり取りの中の「不気味な沈黙」が、選択肢がなくなっていることを示唆していた。管制官の労組によると、唯一残された道が、川に着水するという大胆な方法だった。
 レーダーは、同機が左方向へ何度か急旋回してハドソン川に向かい、ジョージ・ワシントン橋の上を低く通り過ぎる様子を示していた。機体が川面に着くと、おびただしい水しぶきが上がった。』(1月16日付ロイター通信)


【危機への対処】

本当に奇跡の生還と呼ぶにふさわしい機長の判断だったと思う。この記事によれば、機長は元空軍戦闘機のパイロットで、飛行歴は40年だという。二つのエンジンが停止し、しかもニューヨークのマッハッタンの高層ビル群を避けてハドソン川に不時着するというのは並みの機長では到底できなかっただろう。

そして、こんな危機的状況の中を冷静に人命救助に当たった水上の沿岸警備隊の巡視船や、マンハッタンとニュージャージー州を往復するフェリー、観光船の果敢な行動も本当に賞賛に値する。危機の中で強みを発揮する米国の人たちのエネルギーは、いつもながら感心するばかりだ。

【よみがえる記憶】

僕も20年ほど前、ニューヨークからワシントン・ナショナル空港に向かう飛行機で、あわや不時着という経験をしたことがある。そのときの記憶がよみがえった。ラガーディア空港を飛び立ってまもなく右エンジンに異常をきたした当時のイースタン航空機は、低空飛行のままワシントンDCに向かった。

緊張する機内の中で、冷静な機内スタッフの指示で席を移動したり、前傾姿勢を取ったりして、結果的には無事ワシントン・ナショナル空港に着陸することができたが、そのときの機長や機内スタッフの冷静なアナウンスや態度は今も脳裏に焼きついている。

そしてもうひとつ。ちょうど僕がアメリカにいた頃に、同じワシントンDCのワシントン・ナショナル空港への着陸に失敗し、凍てつくポトマック川に墜落した航空機の残骸から僅かに生き残った乗客を救おうとするアメリカの救助隊の映像だ。このときも勇敢なアメリカ人のレスキュー隊の行動が見事だった。

迫り来る危機的状況の中でどれだけ冷静に次の行動が取れるか。プロとアマの分かれ目はそこにある。そのためには、日ごろの訓練と精神の鍛錬が必要なことは言うまでもない。あなたはそんなとき、プロとして職務をまっとうできますか?

  




< 2009年01>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2021/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved