上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  


2009年01月26日

【新たな温暖化の兆候?】

南極でも気温が上昇していることが明らかになりました。

 『「唯一温暖化していない大陸」と言われる南極も気温が上昇傾向にあることが、米ワシントン大などの分析で初めて分かった。過去50年間は、10年に約0.12度のペースで上昇している。地球の気温は100年間で0.74度上昇したが「それに匹敵する水準」と結論づけている。22日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 南極大陸は他の大陸から遠いうえ、日本列島の30倍以上広く、過酷な自然環境に阻まれて観測が難しい。北極圏より温暖化の影響を受けにくいと考えられ、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は07年の報告書で「南極以外の大陸は温暖化している」とし「氷床の大規模な融解は起こらない」と指摘した。

 研究チームは過去25年間の衛星観測データと、昭和基地など42地点の過去約50年間の記録を使った。両者を比較・補完し、57~06年の南極の平均気温を算出した。

 その結果、南極の西側では10年に0.17度ずつ上昇し、冬~春(6~11月)に限ると約0.5度も高くなっていた。大陸全体では10年に0.12度の上昇率だった。研究チームは二酸化炭素の増加が原因と指摘し、「オゾンホールが縮小して(温室効果のある)オゾン層が回復すると、温暖化はさらに加速する」と予測した。』(1月22日付毎日新聞)


【着実に進む温暖化】

先週の金曜日から日曜日にかけて、福岡でも10センチ近い積雪を記録しました。特に土曜日には日中の温度が1度くらいしかなかった上に、風も強く体感温度はもっと低かったようです。これほどの雪が降ると、素人の僕たちは「本当に温暖化は進んでいるのだろうか?」と思ってしまいます。

※写真は福岡市の中心、天神

でも、地球温暖化というと誤解を招きがちですが、気候変動のメカニズムはグローバルなので、北極圏などでの急速な気温上昇が進む過程で海流や偏西風などに大きな変化が起こり、局所的には寒冷化が進行したり、世界各地で様々な変動を繰り返しながら地球全体の気温が上昇していくと考えたほうがわかりやすいのかもしれません。

大事なことは、日々の平穏に見える気候の変化の中にも、着実に気候変動、あるいは地球温暖化が進行していることを忘れてはいけないということだと思います。
  




< 2009年01>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved