上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  


2010年03月28日

【快挙、真央ちゃん】

真央ちゃんがバンクーバーの雪辱を果たしました。

『フィギュアスケートの世界選手権最終日は27日、イタリアのトリノで女子フリーを行い、バンクーバー冬季五輪銀メダリストの浅田真央(中京大)が2年ぶりの優勝を飾った。男子では高橋大輔が優勝しており、初の日本人アベック優勝となった。

 前日のショートプログラム(SP)で2位に付けていた浅田は、トリプルアクセルの一つは回転不足と取られたが、安定した演技で終了後は笑顔を弾けさせた。浅田はフリーで129・50点を獲得し、SPの68・08点との合計で197・58点をマークした。

 SPで7位と大きく出遅れていた金妍児はジャンプでの転倒などが響き、合計190・79点と自身が五輪で記録した228・56点に遠く及ばず2位。3位には178・62点を獲得したフィンランドのラウラ・レピストが続いた。

 SP11位の安藤美姫はフリーで122・04点を記録し、合計で177・82点の4位、鈴木明子は160・04点で10位だった。』(3月28日付 サンケイスポーツ)


【Twitterで知った生放送】

土曜日の夜、真央ちゃんの頑張る姿を生で見たいと思ってネットでいろいろ探していたところ、Twitterで世界選手権のスレッドで盛り上がっているのを発見しました。その中の会話で生放送をTwitterで会話している人たちが見ているのを知りました。

それはラジオ・カナダ(Radio Canda.ca)の生放送。フランス語で各選手の戦いぶりを解説していましたが、その映像は鮮明でした。

鈴木や安藤たちの演技の後に、最終組で出てきた真央ちゃんの演技を食い入るように見ました。そしてその完ぺきな演技に思わず拍手。SPとの総合得点でキム・ヨナを抜いてトップに立った時は思わず涙。五輪後に気が抜けたのかミスが目立ったキム・ヨナよりもフリーの得点がわずかながら低かったのは納得できかねますが、それでも世界選手権二度目の優勝はすごいことです。

キム・ヨナはプロに転向すると言われていますので、真央ちゃんのライバルは今後は長洲未来になるのかなあ。いつ見てもハラハラドキドキのフィギュア女子の試合でした。

それにしても1日遅れのテレビ朝日の放送を待たずに生で見れたのは、Twitterのおかけでした。Twitterはすごい。

  




< 2010年03>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved