2010年08月25日

【奇跡の生存】

『南米チリの鉱山で今月5日に起きた崩落事故で、生き埋めとなった作業員ら33人が、坑内の避難所で無事生存していることが、地中からのメモで明らかになった。ただ救出作業には数カ月かかるとみられる。

事故から17日間が経過した22日、当局が地下の状況を探るために差し込んだ器具とともにメモが回収された。赤いインクで「われわれ33人は無事で避難所にいる」とスペイン語で書かれていた。現場に立ち会ったピニェラ大統領が「かれらは生きている」と伝えると、集まった家族や友人らから歓声が上がった。

作業員の1人が家族へあてたメモも回収された。メモはポリ袋に入れ、大きな輪ゴムで器具に縛り付けられていた。

救出作業の責任者は、状況把握のためさらにカメラやマイクを送り込むと述べる一方、救出には4カ月ほどかかるとの見通しを示した。

避難所は地下約700メートルに位置し、ある程度の水や食料が常備されていた。当局は今後さらに食料、医薬品などの必需品を避難所に届ける方針だ。』(8月23日付 CNN.co.jp)


【地上に出るまでは】

本当に奇跡的というか、よく700メートルもの地底で落盤事故にもかかわらず全員生きていたと思います。それもシェルター内の温度は35度近いというのですから、生きてはいても体力は相当消耗しているのではないでしょうか。

本当の勝負はこれからのような気がします。気がかりなのは、救出までにまだ4か月近くかかるということです。すでに事故から3週間近くが過ぎており、いくら食糧や水があるからといっても洞窟のような場所に4カ月近くもいることが出来るのでしょうか。一刻も早く全力で救出してほしい、そして元気な顔で全員が地上に出てきたときに初めて「全員生存」と言えるのではないでしょうか。僕らはただ、ただ全員無事で救出されることを祈るばかりです。

  




< 2010年08>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2019/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved