上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  


2011年04月14日

【1ヶ月後の真実】

今頃こんな発表をして、一体なにを言いたいのだろうか?

『東京電力の松本純一原子力・立地本部長代理は12日午前の記者会見で、政府が同日、福島第1原発事故を国際的な評価に基づく事故評価を最悪の「レベル7」に引き上げたことについて、「福島第1原発は放射性物質の放出を止め切れておらず、(放出量は)チェルノブイリ原発事故に匹敵、または超える懸念がある」との認識を示した。 

【写真】爆発事故を起こし大破したチェルノブイリ原子力発電所

 原子力安全・保安院は同日午前の会見で、福島第1原発事故の放射性物質の放出量について、チェルノブイリ原発事故の1割とみられるとしている。ただ、福島第1原発では1~3号機の圧力容器や格納容器が損傷している恐れがあり、松本本部長代理は「原子炉から放射性物質が100%外に出れば、チェルノブイリを超える可能性もある」と説明した。』(4月12日付産経新聞)

【これからが始まり】

3月11日の東日本大震災発生当初から今までずっと福島第一原発の状況についてブログに書き続けてきました。なぜそうしたかというと、事故発生直後からチェルノブイリ以上の核惨事になるのではないかという恐怖を誰かに伝えたいと思い続けていたからです。そしてその時、その時に自分が何を考えていたか記録に残しておきたかったからです。(3月11日からずっと書いていますので是非お時間があれば時系列にご覧ください)

悲しいことに、この核惨事は僕の想像を超えて次々と悪化していきました。最初のきっかけは巨大地震と巨大津波という「想定外の」天災だったかもしれません。でも、途中からは東電や原子力安全・保安院をはじめとする原子力を今まで推進してきた指導層の人間達がもたらす「人災」だということが自ずから誰の目にも明らかになっていきました。最初から住民の命や安全など念頭になかった人たちです。

そして今回のレベル7の発表です。彼らはこんなとてつもない人災をもたらした今でも、平然と「まだチェルノブイリよりも悪くなる可能性があります」とか、「それでもチェルノブイリの10分の1しか放射能は出ていません」と語っているのです。(しかし、当局が最悪の「レベル7」と言っている意味は重大です。彼らが福島原発の情報を一番持っていて「最悪」と考えているというのは相当の危機感を持っているということです。すなわち4基の破壊された原発の1基でも二度目の水素爆発を起こしたら、今修復作業を行っている作業員の方々は全員避難せざるをえなくなり、福島第一の6基の原発すべてから撤退せざるを得なくなるということです。)

すなわち、今はまだ直接の死者は出ていないものの、1基でも二度目の水素爆発を起こしたら、福島第一の6基すべてが緊急事態に陥り間違いなく東日本全体、いや日本全体が生き地獄のような状況に陥る可能性があると思います。(6基すべてが制御不能になればチェルノブイリの比ではなくなります)

それくらいの想像力を働かせて、みんなが真剣にこの原発震災の災禍を考えないといけないと思っています。日本人は誰ひとりとして、どこにいても逃れられないのです。福島だけの問題ではないということを真剣に考えないといけない。それほど切羽詰まった状況だということです。どんなに泣き叫んでも四方を海に囲まれた日本人はどこにも逃げ場はないということをもう一度考えておかなければならないと思います。  




< 2011年04>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved