上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  


2012年06月04日

【即位60周年記念】

英国では今、350年ぶりの規模の記念行事が開かれようとしています。

『英国のエリザベス女王(86)即位60年を祝う「ダイヤモンド・ジュビリー(ダイヤモンドの祝祭)」の記念行事が2日、ロンドンを中心に始まる。5日まで、英全土は祝日となり女王がさまざまなイベントに参加して国民の祝福を受ける。

 初日の2日、女王はロンドン郊外のエプソン競馬場で開かれる伝統の競馬レース・ダービーを観戦。3日には「テムズ川ページェント」と題したイベントが開かれ、女王を含む王室メンバーがボートでテムズ川を下る。

 4日はバッキンガム宮殿で祝福コンサートがあり、歌手のポール・マッカートニーさんやスティービー・ワンダーさんが出演予定。最終日の5日、女王はセントポール大聖堂での礼拝に参列した後、国会のあるウェストミンスター・ホールからバッキンガム宮殿までの約2キロを約20分かけて馬車で移動する。

 英国国王(女王)で即位60年を祝ったのは、ビクトリア女王(1819~1901年、在位63年7カ月)以来、2人目。世界では、昭和天皇(1986年)やタイのプミポン国王(2006年)などがいる。』(6月2日付毎日新聞)


【大祝賀行事】

皆さんはこのエリザベス即位60周年記念式典をイギリスでは何と言っているかご存知でしたか?僕はつい最近まで知りませんでした。それはこの新聞記事の冒頭にあるように、「The Diamond Jubilee (ダイヤモンドの祝祭)」と言います。先週のタイム誌もこのダイヤモンド・ジュビリーをカバー・ストーリーとして取り上げていました。

式典は、4日間にわたって行われます。先ず、6月2日(土)の女王の好きな競馬レース「エプソムダービー」から始まり、3日(日)には女王が乗る船を先頭に1000隻もの船がテムズ川を下る盛大な水上の祭典、4日にはバッキンガム宮殿での無料コンサート、そして最終日の5日にはセントポール大聖堂での礼拝、女王が乗ったパレードでその幕を閉じるとのことです。

この祝賀行事、空前の規模で行われると言うことですから是非現地で見てみたかったですが、それは叶わなくてもテレビで見ることはできます。みなさんも是非ご覧になってみてください。楽しみですね。

≪参考≫

・「The official website of The Queen's Diamond Jubilee」
  




< 2012年06>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved