2009年08月06日

【ついに公開-EV車】

トヨタにハイブリッドで後塵を拝している日産がついにEVを発表しました。

日産「リーフ」-HVがEVに変わる日『日産自動車は2日、横浜市西区に完成したグローバル本社ビルの完成に合わせ、来年度後半に日本や北米、欧州で発売する予定の量産型電気自動車(EV)「リーフ」を報道陣に公開した。

 リーフは走行中に二酸化炭素(CO2)などの排出ガスを出さない「ゼロ・エミッション車」。90キロワット超の出力を発生するラミネート型コンパクトリチウムイオンバッテリーと80キロワットの電気モーターを搭載し、ガソリン車同様の高いレスポンスを得ている。またフル充電で160キロ以上の走行が可能。フル充電には200ボルトの普通充電で約8時間かかるが、急速充電器を使えば30分で80%まで充電できる。価格は来年末に発表の予定だが、買いやすい価格を設定するとしている。

 カルロス・ゴーン社長は「日産リーフは、すべての日産の従業員が誇りを感じて良いほど非常に素晴らしい。私たちは、エミッションが少ないのではなく、エミッションがゼロとなる車を公開するこの日を実現するために懸命に取り組んできた。これは世界中の人々が間違いなくエキサイティングに感じる新しい時代に向けた最初の一歩である」と語った。またセレモニーに出席した小泉純一郎・元首相は「脱石油社会の実現に向けて、きっと普及すると思う」と述べた。』(8月2日付毎日新聞)


【問題は価格と利便性】

日産「リーフ」-HVがEVに変わる日日産マーチとトヨタ・プリウスを足して2で割ったようなスタイルのボディーながら、なかなかかっこいいですね。でも、なんかエコカーというとどうして同じようなデザインになるのでしょうか?ちょっと疑問。

またスタイルは置いといて、どれだけ「エコ」かという点ではハイブリッド車よりも進んでいることは間違いありません。なにしろCO2などを全く排出しないゼロ・エミッションですからね。

次に走行性能。公表された性能は、一回の充電で160キロ以上の走行が可能で、最高時速140キロ。家庭からの充電では8時間かかるそうです。うーん、まだ電気を充電するスタンドがない現状では遠出は無理かもしれません。市街地用ですね。

そして最後は、価格。まだ来年度末の発売ということで公表されていませんが、一部の報道にあるように300万円台ではちと高いという印象です。やはりプリウスやインサイトに対抗するには、200万前後が理想だと思います。価格をリーズナブルにしないと、まだまだ電気自動車の爆発的普及には遠い気がしますね。1年後の価格設定がどうなるか楽しみです。


同じカテゴリー(環境問題)の記事画像
こうもりの大量失踪が意味するもの
厳冬続くニッポンの気候変動の理由
ニッポンの「孫氏の兵法」-太陽光発電
深海温の上昇―深刻化する地球温暖化
温暖化交渉の停滞―COP16閉幕
COP16開幕―遠のく合意
同じカテゴリー(環境問題)の記事
 こうもりの大量失踪が意味するもの (2012-02-07 08:13)
 厳冬続くニッポンの気候変動の理由 (2012-02-03 08:16)
 ニッポンの「孫氏の兵法」-太陽光発電 (2011-05-24 05:55)
 深海温の上昇―深刻化する地球温暖化 (2011-03-09 09:21)
 温暖化交渉の停滞―COP16閉幕 (2010-12-15 05:11)
 COP16開幕―遠のく合意 (2010-11-29 08:22)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年06月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2019/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved