2011年08月17日

【泊が動く】

九州が当面動かないことになったら今度は北海道になりました。

泊原発営業運転再開へ―「なし崩し」の始まり『定期検査の最終段階にあたる調整運転を続けていた北海道電力の泊原子力発電所3号機(北海道泊村、出力91・2万キロ・ワット)について、北海道の高橋はるみ知事は16日、営業運転への移行を容認する方針を固めた。17日に正式表明する。

 知事は16日の道議会特別委に出席。各会派の意見を踏まえて同日中に容認方針を表明する意向だったが、最大会派の自民党・道民会議の一部議員が「慎重に議論すべきだ」と反発し、議論は午後11時半近くまで続いた。

 このため、知事は17日午前0時過ぎ、記者団に対して「道議会で精力的に議論を頂いた。道の考え方を整理し、地元と情報共有をしたい。17日、やっていきたい」と発言。同日中に泊村など周辺町村に説明し、地元合意をまとめて海江田経済産業相に伝える。これを受け、経産省原子力安全・保安院は定期検査の終了証を交付する見通しだ。定期検査中の原発が営業運転に移行するのは、東日本大震災による東京電力福島第一原発の事故以降、初めて。』(8月17日付読売新聞)


【本当に安全?】

泊原発営業運転再開へ―「なし崩し」の始まり僕は道議会でどんな議論がなされたのか詳しくはわかりませんが、たったの数日で北海道に住まれる550万人もの方々の命の保証が本当に得られたのでしょうか?泊原発は3基ありますが、そのうちの3号機はプルサーマル発電です。過去に非常用電源の故障も経験していますが、今回の福島の核惨事を受けてからは応急の津波対策を発表しただけで地震対策など現在の安全体制の変更は行わないと北海道電力は発表しています。事故を防ぐ対策に加えて、フクシマのようなメルトダウンといった過酷事故が起こった場合の対策は立てられたのでしょうか?おそらく事故前と大差はないのではないでしょうか?

そんな中で政治的な判断で住民の方々の命を取引していいのでしょうか。仮に営業運転を認めるとしても知事は身体を張って国にさらなる安全対策を求めたのでしょうか。北海道だけではありません、日本全国の国民の命がかかっているのです。知事が経産省出身だから甘くなったとは思いたくありませんが、知事の背中には550万人の北海道民そして1億人以上の日本国民の命がかかっていることを肝に銘じてほしかったです。政治家なら命を張るべきです。

泊を落としたことで、経産省は次々と他の原発の再稼働に向けてたたみかけてくると思います。フクシマの反省もなく、何の抜本的な安全対策の見直しもなく。まるで太平洋戦争にやみくもに突き進んだ大本営のように。日本国民はもっと想像力を働かせて原発がこれから何をもたらすのか真剣に考えるときだと思います。


同じカテゴリー(重大事故)の記事画像
電気と安全-B787に見る現代社会の死角
僕の主張~2030年のエネルギー・環境の選択肢
委員長候補・田中氏の所信表明と原子力の今後
許せない原子力ムラの隠ぺい工作-秘密会議問題
何が何でも60年運転-玄海原発の闇
細野大臣、事故当時の菅氏を擁護
同じカテゴリー(重大事故)の記事
 電気と安全-B787に見る現代社会の死角 (2013-01-17 08:20)
 僕の主張~2030年のエネルギー・環境の選択肢 (2012-08-03 05:26)
 委員長候補・田中氏の所信表明と原子力の今後 (2012-08-02 05:06)
 許せない原子力ムラの隠ぺい工作-秘密会議問題 (2012-08-01 08:51)
 何が何でも60年運転-玄海原発の闇 (2012-07-31 06:31)
 細野大臣、事故当時の菅氏を擁護 (2012-07-26 08:42)


いろんな意味で日本の大弱点を世界に露呈しましたね
隣の国からの脅威も一段と増しました!
間違って何かをそこに落としさえすればいいのですから

Posted by ji-anji-an at 2011年08月17日 11:57

仰るとおりですね。怖い話です。

Posted by luckymentailuckymentai at 2011年08月22日 12:30

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年07月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2019/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved