2008年03月26日

【ベストのマックコーナー】

マックの魅力先日の日曜日、デジカメを見に福岡市天神にある「ベスト電器」本店に夫婦で行ってきました。デジカメのいくつかの機種の説明をしっかり聞いた後、たまたま6階にある「マックコーナー」が目に留まり、最近のマックがどうなっているのか聞きたい衝動にかられて、そのコーナーにひとりだけいるマックの販売員に声をかけました。

そしてそれから1時間近く、マックの先進性、使いやすさなどについて説明を受けたのです。いやいやながらというのではなく、その販売員のわかりやすい説明についつい引き込まれて、ほんとうにマックの進化のすごさに夫婦ともども「驚愕」したというのが正直なところでした。

【マックの魅力】

もともと今のウィンドウズパソコンにする前、もうかれこれ10年近くになるのですが僕はいわゆる「マック派」でした。当時26万円近くしたパフォーマシリーズという初心者向けのマックパソコンを購入して、そのころはマックでしか味わえなかったボタンのないマウスとグラフィッスによる直感的でここちよい操作性を楽しんでいました。それはグラフィカルユーザインタフェース(Graphical User Interface, GUI,ジーユーアイ,グイ)といわれていて、マックが開発し、その後ウィンドウズにも採用されたものです。

でも時々時限爆弾のマークが出てフリーズしてしまうマックにほとほと困ったのと、仕事上どうしてもウィンドウズを使うことが多く、数年して結局ウィンドウズに乗り換えてしまっていたのです。

しかし、今回現在のマックの進化を見て本当にびっくりしました。もともとユーザーフレンドリーを思想の根底にもつジョブス氏の真骨頂がパソコンの随所に生かされていて、ウィンドウズの何かぎこちない操作性とはまったく一線を画す、ユーザー本位のパソコンがそこにあったのです。

例えば、1ギガのメモリーしかないのに画面を自由自在に分割してそれぞれの画面でインターネットの動画がごく自然に動くだけでも新鮮な驚きでした。(僕のパソコンは今2ギガのメモリーですが、それでも少しぎこちないのです。単なるメモリー容量だけの問題ではなくウィンドウズとマックのOSそのものに根本的な違いがあるような気がします)

その他数え上げるときりがないくらいマックの進化に目を奪われました。僕だけではなく、一緒にいた家内も相当びっくりしたみたいで、これで次回の買い替えはマックで決定だなあと内心「しめしめ」と思ったくらいでした。

【ジョッブスの思想】

それにしてもジョッブスは凄い。iPodの世界的な普及の裏には、ジョッブスの「使い手に優しく」という思想が、マックの社員全員に絶え間のない改良・改善さらには新しい製品の開発を促し続けてきたことがあると実感しました。

ジョッブスは、マイクロソフトのウィンドウズから一時は市場を席巻され、マックパソコンのシェアが急減し窮地に追い込まれたときも、ひたすら自分の内なる声にしたがって「使い手にやさしい」製品づくりに自分の人生を貫いてきたのです。そんなトップの思想が浸透した製品に魅力を感じないわけはない。そう思ったマックの進化でした。最後にジョッブスの心に残る言葉を紹介します。みなさんはこの言葉の端々にもマックやジョッブスの思想を感じ取ることが出来ると思います。



「君たちの時間は限られている。

 その時間を、他の誰かの人生を生きることで無駄遣いしてはいけない。

 ドグマにとらわれてはいけない。

 それでは他人の思考の結果とともに生きることになる。

 他人の意見の雑音で、自分の内なる声を掻き消してはいけない。

 最も重要なことは、君たちの心や直感に従う勇気を持つことだ。

 心や直感は、君たちが本当になりたいものが何かを、

 もうとうの昔に知っているものだ。

 だからそれ以外のことは全て二の次でいい。

 -スティーブ・ジョッブス」



Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life.

Don’t be trapped by dogma-which is living with the results of other people’s thinking.

Don’t let the noise of other’s opinions drown out your own inner voice.

And most important, have the courage to follow your heart and intuition.

They somehow already know what your truly want to become.

Everything else is secondary. ------Steve Jobs


同じカテゴリー(日記など)の記事画像
謹賀新年 2014年
お知らせ
謹賀新年 2013年
久しぶりのヒラメゲット!
ブログを書き続けるということ
ペットも左利き?
同じカテゴリー(日記など)の記事
 謹賀新年 2014年 (2014-01-01 00:00)
 お知らせ (2013-05-01 15:03)
 謹賀新年 2013年 (2013-01-01 00:27)
 今年の締めくくり10大ニュース (2012-12-31 17:26)
 久しぶりのヒラメゲット! (2012-10-15 08:22)
 ブログを書き続けるということ (2012-07-05 08:36)


このスティーブの言葉、いいですね。僕はもう20年まえになりますか、SE30が出回った頃からの足掛け「マック派」できています。いまもiBookの「初版」ノートパソコンです。OSのアップデートは10,3,9止まりでもその枠内で堪能していますよ。天神の国体道路(西鉄グランドホテル福岡」の横の道を南下した角にある「Apple Store FUKUOKA」にはお世話になっています。しかし、iPodは使いこなせないままハードが時代遅れになっていますが。なお、富山の自宅の僕の書斎には、10年前に僕の大病からの快気祝に息子からプレゼントしてもらったiMoac(これもスケルトンの初版)がLANケーブルに繋げて鎮座しており、連合いが息子仕込みでiBookの最新版を無線LANに繋いで家のなかを持ち歩いて使っています。僕は持参したDELL(WindowsXP)の中古を無線LANに繋げて帰宅したときは使いますが、ついつい古女房みたいなiMacに手が伸びてしまいますね。Appleとはかの創世記にまつわる付き合いで、九大助手だった頃にベトナム爆撃帰りのファントム機墜落にはじまる「反戦」騒動(学園闘争)の終熄期における総括を10年前に西日本新聞に投載した一文に書いていますが、そのApple革命と言われたことにも言及しています。マッキントッシュは僕の学者人生を色どってきました。

Posted by 富山通りもん at 2008年03月26日 08:04

富山通りもんさん、コメントありがとうございます。
教育界は圧倒的にマックを信奉される方が多いですね。
僕のPerformaはすでに廃棄してしまいました。
日ごとに新しいマックの世界に入りたい衝動が強くなっています。

Posted by luckymentai at 2008年03月27日 06:03

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved