2010年01月18日

【激震走る】

党大会を翌日に控えた民主党、そして鳩山政権に激震が走った。

一寸先は闇―小沢民主党の危機『民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入問題を巡る政治資金規正法違反事件で、小沢氏の秘書だった石川知裕衆院議員が東京地検特捜部に逮捕され、鳩山政権は発足以来、最大の危機を迎えた。

 最大の実力者である小沢氏を「政治とカネ」の問題が直撃し、小沢氏の自発的辞任を求める声も出始めた。18日召集の通常国会の運営や夏の参院選にも深刻な影響が出るのは間違いない。

 仙谷行政刷新相は15日夜、石川議員が出頭を求められたことを都内のホテルで記者団に聞き、「容易ならざる事態だな」と深刻な面持ちで語った。その後、石川議員が逮捕されると、今度は「逮捕されたの? 本当に?」と問い返し、しばらく絶句した。

 前原国土交通相は都内のホテルで記者団に、「捜査を見守りたい。閣僚の立場として政権交代の責任を果たすだけだ」と言葉少なに語った。平野官房長官は記者団に「状況が分からないので、推移を見守るしかない」と述べた。

 民主党は16日に東京都内の日比谷公会堂で党大会を開く予定だ。結束して鳩山政権を運営し、夏の参院選で勝利を収める方針を確認することにしている。その前日の石川議員の逮捕に党内の動揺は大きい。

 小沢氏はこれまで「法に触れるようなことをしたつもりはない」と明言し、幹事長を辞任しない考えを側近議員らに漏らしている。鳩山首相も幹事長を続投させる意向を示していた。

 しかし、前原国交相らからは小沢氏の説明責任を求める声が上がっており、石川議員の逮捕で小沢氏の求心力は低下する可能性が大きい。民主党は、小沢氏が一手に選挙や国会運営などを取り仕切る「小沢依存」の体質になっており、「小沢氏が求心力を失えば、党はがたがたになる」という声が出ている。

 党内では参院選への影響を心配し、小沢氏の自発的な幹事長辞任が望ましいという意見も出ている。』(1月15日付読売新聞)


【一寸先は闇】

一寸先は闇―小沢民主党の危機民主党大会が開催される16日午前中にも石川知裕衆院議員、小沢氏の元私設秘書池田光智氏に続き、小沢氏の公設第1秘書大久保隆規被告も逮捕される。東京地検は小沢氏の外堀はすべて埋めたというところだろうか。

それにしても政治というのは一寸先は闇だとよく言われるが、今回の騒動もまさにその言葉通りに展開している。鳩山首相も民主党の関係者も、そして騒動の渦中にある小沢幹事長もここまで事態が急展開するとは昨年の政権交代時点では予想だにしなかっただろう。

小沢幹事長は寄せ集め集団だった民主党を政権党にまで引き上げて、傍目には権力をほしいままにしているように見えている。しかし、そういう姿を見るにつけ、あの有名な格言を思い出さずにはいられないのは僕だけだろうか。

それは英国の歴史学者アクトン卿の言葉だ。

「権力は腐敗する、専制的権力は徹底的に腐敗する。」

Power tends to corrupt; absolute power corrupts absolutely.

野党であれば多少は許されたかもしれない疑惑も、政権党となれば国民の目は厳しくなるのは当然だろう。ただ、東京地検も国民の代弁者ではないことを忘れてはならない。



タグ :小沢一郎

同じカテゴリー(政治)の記事画像
仰天人事-ナベツネが情報保全の座長?
都知事選に細川氏出馬の波紋
ドイツ首相、原発廃止の意向
菅首相の率先視察をどう見るか―福島第一原発
破局寸前も政争?―自民と民主
予算にも原発回帰鮮明-安倍政権
同じカテゴリー(政治)の記事
 仰天人事-ナベツネが情報保全の座長? (2014-01-18 11:05)
 都知事選に細川氏出馬の波紋 (2014-01-11 09:12)
 ドイツ首相、原発廃止の意向 (2013-04-17 05:26)
 菅首相の率先視察をどう見るか―福島第一原発 (2013-03-31 07:28)
 破局寸前も政争?―自民と民主 (2013-03-23 06:50)
 予算にも原発回帰鮮明-安倍政権 (2013-01-15 08:27)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年06月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2019/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved