2008年07月24日

【クールビズの盲点】

クールビズの意外な盲点が浮かび上がってきた。

クールビズと作業効率-室温28度の是非『地球温暖化対策として、夏場を軽装で過ごす「クールビズ」。

 冷房温度を28度と高めに設定し、省エネを図る取り組みで、年々広がっているが、日本建築学会のチームによる最近の研究で、軽装だけでは暑さで仕事の能率が落ち、経済損失にもつながる場合もあることがわかってきた。

 専門家は「換気や送風を組み合わせ、作業能率を下げない省エネ方法が必要だ」と提言している。

 クールビズは、6~9月に「ノーネクタイ、ノー上着」で職場の消費電力を減らす運動。環境省が2005年に提唱した。28度は建築物衛生法の定める執務室の上限温度だが、作業の能率への影響は不明で、日本建築学会は06年から科学的検証を進めてきた。

 神奈川県の電話交換手100人を対象に1年間かけた調査では、室温が25度から1度上がるごとに作業効率が2%ずつ低下した。』 (7月18日付読売新聞)


【扇風機併用の愚】

クールビズと作業効率-室温28度の是非僕のオフィスでも7月からクールビズが始まりました。連日の真夏日の中では「ノーネクタイ、ノー上着」は確かに快適です。汗を拭きながら通勤電車に揺られていた1ヶ月前が嘘のように感じられます。

反面、問題点も少しずつわかってきました。そのひとつが新聞報道にあるように作業効率との兼ね合いです。室温28度の設定にすると、窓際など直接日光が当たる場所などは場合によっては30度以上に室温が上がります。

そうなると、たとえ「ノーネクタイ、ノー上着」であってもかなり不快になり、仕事の効率も落ちてしまうようです。職場によっては、個人用の扇風機を持ってきて暑さをしのいでいる人もいるようです。

しかし、本来のクールビズの趣旨から言えば、暑いからと言って扇風機が職場に増えてしまえばクーラーと扇風機の併用となり、CO2の排出抑制には逆行してしまうのではないでしょうか。

ここは画一的な思考にとらわれず、仕事の効率を落とすことなく、クールビズの趣旨を理解したうえで、各職場が工夫を凝らしていく必要がありそうですね。



同じカテゴリー(環境問題)の記事画像
こうもりの大量失踪が意味するもの
厳冬続くニッポンの気候変動の理由
ニッポンの「孫氏の兵法」-太陽光発電
深海温の上昇―深刻化する地球温暖化
温暖化交渉の停滞―COP16閉幕
COP16開幕―遠のく合意
同じカテゴリー(環境問題)の記事
 こうもりの大量失踪が意味するもの (2012-02-07 08:13)
 厳冬続くニッポンの気候変動の理由 (2012-02-03 08:16)
 ニッポンの「孫氏の兵法」-太陽光発電 (2011-05-24 05:55)
 深海温の上昇―深刻化する地球温暖化 (2011-03-09 09:21)
 温暖化交渉の停滞―COP16閉幕 (2010-12-15 05:11)
 COP16開幕―遠のく合意 (2010-11-29 08:22)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年06月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2019/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved