2009年06月25日

【宝くじの当たる県】

宝くじがよく当たる県があるというニュースが目に留まりました。

日本一宝くじが当たる県『佐賀県は「神がかり的」に宝くじが当たる県、なのだそうだ。2009年6月の「ドリームジャンボ宝くじ」では、1等(2億円)が1本、2等(1億円)が3本出た。2007年は高額当選率で全国1位。一年間に1等が7本出た年もある。同県の宝くじ販売会社によれば「神がかりとしかいえない」というほどなのだ。

 全国(ジャンボ)の宝くじ販売額は99年の5246億円をピークに、04年は4597億円、07年は4051億円と減少している。購入者数に変動は少ないものの、不況の影響などで一人当たりの購入枚数が減っている。しかし、佐賀県に限ってはこの10年間ずっと販売額が伸び続けているというのだ。

 「宝くじが当たる県」佐賀県を一躍有名にしたのが、サマージャンボの1億円が03年に6本出たこと。東京や大阪といった大都市に比べ販売枚数は少ないのに、01年から08年まで1億円以上の当たりは34本。07年、08年は1等が2本、2等が2本出た。宮崎県庁によれば、100万円以上の高額当選比率は05年度が全国8位、06年度が2位。07年度は1位に躍り出た。08年度はまだ集計されていないが、なぜこんなに当たるのか。』(6月20日付 J-CASTニュース)


【宝当神社のご利益?】

唐津湾に浮かぶ神集島に宝当神社という「お参りした人が当選確率がぐっとアップする」神社があるのをご存知でしょうか。僕もこの神社に5月行ってきたのですが、本当に全国各地から大勢の宝くじ好きの人がやってきて「私も当たりますように」と祈願しています。

この宝当神社の存在が佐賀県が全国で一番宝くじが当たる県にしているのかもしれません。このニュースによれば、宝当神社だけではなく佐賀県には金運・商売繁盛と結びつく神様である恵比寿様像が街中に400体もあるそうです。これほど恵比寿様を信じている佐賀の人たちの信仰心(?)が宝くじのご利益をもたらしているのかもしれませんね。

それにしても僕の住む福岡県の隣にある佐賀県、不思議な魅力があるものです。




同じカテゴリー(エンターテインメント)の記事画像
ソフトバンク-執念の下剋上
謎の歌姫GILLEのパワー
サンタさんは今どこに?-グーグルの粋なはからい
同時代に生きる-高橋真梨子
沖縄への修学旅行急増
島田紳助の突然の引退に思うこと
同じカテゴリー(エンターテインメント)の記事
 ソフトバンク-執念の下剋上 (2012-10-16 08:59)
 謎の歌姫GILLEのパワー (2012-04-09 05:27)
 サンタさんは今どこに?-グーグルの粋なはからい (2011-12-25 17:00)
 同時代に生きる-高橋真梨子 (2011-09-22 05:46)
 沖縄への修学旅行急増 (2011-09-07 05:29)
 島田紳助の突然の引退に思うこと (2011-08-24 13:41)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved