2011年01月24日

【英語力必須?】

日本企業の中にも新卒採用で高い英語力を基準にするところが出始めたようです。

英語力が問われ始めた新卒採用『製薬国内最大手の武田薬品工業が、2013年4月入社の新卒採用から、英語力を測る学力テスト「TOEIC」(990点満点)で730点以上の取得を義務づけることが22日、明らかになった。

 通訳業務や海外赴任を前提とする採用を除いて、国内大手企業が新卒採用でTOEICの基準点を設けるのは極めて珍しく、他の大手企業の採用活動にも影響を与えそうだ。

 730点以上は「通常会話は完全に理解できる」水準とされ、得点者は受験者の1割強にとどまっている。

 武田薬品は、海外事業や研究開発体制の強化のために、外国人研究者の採用や海外の新薬候補品を持っているベンチャー企業のM&A(企業の合併・買収)を積極化させている。採用条件に高い英語力を明示することで、海外事業や研究開発の強化に対応できる人材を獲得する狙いがある。』(1月23日付読売新聞)


【日本より高いレベルの韓国】

TOEICとは日本人が国内向けに考案した英語の標準テストのことで、受験者は日本人と韓国人が9割を占めると言われています。990点が満点で日本人新卒者の平均は450点、教養のあるネイティブの平均は900点台半ばと言われています。相当の開きがありますね。

武田薬品工業が求めているTOEIC730点以上というのは、日本人の新卒向けでは高いレベルかも知れませんが、韓国の大手企業ではもっと高いレベルを要求されているようです。例えば、HYUNDAIは採用試験の足切りが800点で、実際に入社する社員の平均スコアは900点を超えているとのことで、これは友人の韓国人留学生も「証言」していました。

やはり国際競争で最近目覚ましい活躍がよく報道されている韓国の英語のレベルは相当高いようですね。日本企業は本気で英語力のある社員をどんどん雇うとともに、即戦力として外国人留学生もどんどん雇うべきだと思いますが、みなさんどう思われますか?


同じカテゴリー(英語)の記事画像
日本のラリーキング登場―松本道弘キャスターのネット放送
最近の僕の実践英語勉強法
「英語でしゃべらナイト」4月で終了
サルコジ大統領の意固地(イコジ)な選択?
英国で外国人対象の「英検」?
同じカテゴリー(英語)の記事
 日本のラリーキング登場―松本道弘キャスターのネット放送 (2011-01-07 12:31)
 最近の僕の実践英語勉強法 (2009-06-05 05:33)
 「英語でしゃべらナイト」4月で終了 (2009-02-10 06:38)
 サルコジ大統領の意固地(イコジ)な選択? (2008-01-22 05:27)
 英国で外国人対象の「英検」? (2007-10-27 05:37)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年06月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2019/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved