2009年04月03日

【新聞広告がネットで】

新聞広告ってもしかしたら、新聞の記事よりも面白かったするのですが・・・それがネットで見れるサイトがオープンしたそうです。

新聞広告がネットで見れる?ー「新聞広告.com」『広告企画制作を行う有限会社ソーマは2009年4月1日、新聞広告を Web 配信する新聞広告サイト「新聞広告.com」をオープンした。

「新聞広告.com」は、新聞広告を全文読める形で Web 配信することにより、紙面に託されたメッセージや思い・情報を、より広く告知することができるサービス。

同社では、オープン企画として、1広告主につき1本、4月末日受付分まで無料で掲載するキャンペーンを実施中。なお、2007年以降に新聞紙上で掲載された広告が対象で、掲載期間は、制約がある広告を除き1年間となっている。』(4月1日付 japan.internet.com)


【新聞について想うこと】

つい最近、タイム誌の記事を参考にアメリカの新聞は未曾有の危機にあるとブログに書きました。

「瀕死の新聞を救う方法」・・・2009年3月12日付の僕のブログ記事

その中でも触れていますが、今、本当に新聞のビジネスモデルはアメリカだけでなく世界的に崩壊の危機にあるようです。というのも新聞メディアの主要な三つの収入源、店頭販売・購読・広告のすべてが成り立たなくなりつつあるからです。そしてその根本的な原因は、インターネットによる無料の情報が巷に溢れかえっているのに、新聞メディアがネットの無料情報に対抗できるような自らの発信情報を、有料で読者に自信を持って提供できる方法を未だに見つけきれていないことにあります。

その新聞メディアの現在の大きな収入源のひとつである新聞広告がネットで公開される。これって新聞業界にとっては、福音なのかそれとも新たな脅威となるのか、なかなか興味深い動きですね。みなさんも一度このサイト見てみませんか?

「新聞広告.com」 ・・・・・・ http://www.sinbunkoukoku.com/main.html



タグ :新聞広告

同じカテゴリー(ジャーナリズム)の記事画像
後戻りせぬ国会決議を-西日本新聞の意見
何が起きても原発ありき-読売新聞
変わり始めた原発報道―福島第一原発
渡部陽一さん、戦場に復帰
日経電子版スタート―成否のカギは?
「漫画の新聞」創刊は新聞の危機を救えるか?
同じカテゴリー(ジャーナリズム)の記事
 後戻りせぬ国会決議を-西日本新聞の意見 (2012-09-18 08:24)
 何が起きても原発ありき-読売新聞 (2012-05-09 05:10)
 変わり始めた原発報道―福島第一原発 (2012-03-18 07:04)
 渡部陽一さん、戦場に復帰 (2011-02-24 08:32)
 日経電子版スタート―成否のカギは? (2010-03-26 09:00)
 「漫画の新聞」創刊は新聞の危機を救えるか? (2009-10-19 09:40)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年06月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2019/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved