2010年12月27日

【思わず拍手!】

お見事でした。

真央復活、安藤大逆転に感動!!『フィギュアスケート・全日本選手権第3日(26日、長野市ビッグハット)女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の安藤美姫(23)=トヨタ自動車=が合計202・34点で逆転し、6年ぶりの優勝を果たした。SP首位の浅田真央(20)=中京大=は合計193・69点で2位、SP3位の村上佳菜子(16)=愛知・中京大中京高=は、合計187・52点で3位だった。

 SPで3回転-3回転の連続ジャンプなどを回避、安全策をとって2位につけた安藤は、フリーでノーミスの演技を披露、6年ぶり3度目の頂点に輝いた。大会5連覇を狙う浅田は、フリーでもトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑み、無事に着氷。他のジャンプも見事に決めて暫定首位に立ったが、安藤に逆転を許した。』(12月26日付サンケイスポーツ)


【女王の貫録】

何と言っても今回の注目は、浅田真央がこのところの不振を乗り越えて世界選手権の切符を手に入れるかどうかでしたが、期待通りに浅田は見事復活を遂げました。前日のショートプログラムをしっかりこなしていたので大丈夫だろうとは思っていましたが、やはり本番は何が起こるか分からないので終わるまでは一抹の不安もあったのではないかと察します。大会五連覇は逃したものの、とにかく復活を印象付けたことだけでも浅田真央におめでとうと祝福の言葉をかけてあげたいですね。

もうひとつの見どころは安藤美姫でした。安定感があり、ダイナミックな演技で安藤の前に滑った浅田の暫定1位を見事にひっくり返して1位となった安藤は本当に素晴らしかった。これで若手の村上を加えて3人の世界選手権行きが決定しました。さあ、小塚らの男子ともども次は世界選手権でその実力を存分に発揮してほしいですね。



同じカテゴリー(スポーツ)の記事画像
柔道界の摩訶不思議-隠ぺい叶わず
テンション上がる新横綱と大関稀勢の里
日馬富士、満場一致で横綱昇進へ
なでしこ、決勝へ
日馬富士、いよいよ綱取りへ
あっぱれ、旭天鵬
同じカテゴリー(スポーツ)の記事
 柔道界の摩訶不思議-隠ぺい叶わず (2013-02-01 05:28)
 テンション上がる新横綱と大関稀勢の里 (2012-11-12 05:11)
 日馬富士、満場一致で横綱昇進へ (2012-09-25 06:11)
 なでしこ、決勝へ (2012-08-08 08:15)
 日馬富士、いよいよ綱取りへ (2012-07-24 08:18)
 あっぱれ、旭天鵬 (2012-05-21 06:43)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved