上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  


2011年12月19日

【突然の訃報】

昼ごろに友人のFacebookのリンクで知りました。

『北朝鮮の朝鮮中央テレビと朝鮮中央放送、平壌放送は19日正午からの「特別放送」で、最高指導者の金正日総書記が死去した、と伝えた。69歳だった。葬儀の日程などは不明。

 北朝鮮は昨年から金総書記の三男で朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長を務める金正恩氏を中心とする三代世襲態勢への移行を推進していた。金総書記の死去が今後の北の核活動を含む対外政策にどのように影響するか、米韓など各国は不測の事態に備え情報の収集と分析に全力を挙げる。

 ラヂオプレス(RP)によると、朝鮮中央テレビは同日午前10時、正午からの特別放送を予告。その際、アナウンサーが悲しい表情をしていたうえ、背景音楽が「将軍」を称える主旨の曲調だったことから死亡したとの見方が有力だった。

 北朝鮮では2010年9月、朝鮮労働党代表者会を44年ぶりに開催し、正恩氏を後継者に選出。健康に不安を抱える金総書記の死後の“金王朝”の安泰をアピールし、国内の安定を図ってきた。

 北朝鮮は核開発に力を入れ、06年10月と09年5月に核実験を実施。既に数発の核爆弾を保有しているとみられている。また10年には米国の核専門家に対してウラン濃縮施設を公開するなど、核を恫喝(どうかつ)外交の手段としてきた。

 金総書記は73年、31歳で党、軍の人事を握る朝鮮労働党組織指導部長、思想担当兼宣伝扇動部長に就任。翌年、労働党中央委員会で政治局員に選出され、金日成主席(94年死去)の後継者となった。08年8月に脳卒中で倒れたとされ、健康が不安視されていた。

 故金日成主席の生誕100年に当たり、自身も70歳を迎える12年を「強盛大国の大門を開く年」と位置付け、軍事強国を目指し、正恩氏の後継体制確立を推進してきた。』(12月19日付産経新聞)

【急変するアジア】

政権交代による混乱、東日本大震災に続く巨大津波と世界最悪の放射能汚染となった福島第一原発の核惨事への対応など国家的な危機ともいえる状況にあるニッポンにとって、またひとつ頭の痛い問題が突如北朝鮮で起こったのです。

故金日成主席の死去の際には、北朝鮮は3年間国家として喪に服したそうですが、今回も相当の期間、喪に服することになるでしょう。したがって少なくともその期間、表向きは軍部の暴走が今すぐ起きるようなことはないかもしれません。しかし、絶対権力者が突然いなくなった意味は大きいでしょう。それもその権力者が指名したのは、金総書記の三男である若干28歳の金正恩氏。今まで何の実績もないため、側近が付いて当面集団指導体制を敷くようですが、水面下では激しい権力闘争が繰り広げられることになるのではないかと思います。

金正恩氏が権力基盤固めに失敗すれば、飢餓と貧困に喘ぐ北朝鮮の多くの国民は中国や韓国に大量に脱出していくことになるでしょう。それは中国にとっても韓国にとってもある意味、悪夢のようなシナリオだと思います。

自国民にさえ愛想を尽かされているニッポン政府では、この緊急事態に対処できないのではないかと危惧するばかりです。
  




< 2011年12>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved