上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  


2008年05月30日

【空自、中国へ】

緊急事態では、できることは何でも協力することが大事だ。

『政府は28日、中国からの要請を受けて四川大地震の被災者を支援するため、航空自衛隊のC130輸送機でテントや毛布、医薬品などの緊急支援物資を輸送する方向で調整に入った。町村信孝官房長官が午後の記者会見で明らかにした。国際緊急援助隊派遣法に基づくもので、自衛隊部隊の中国派遣は初めて。
 中国からの要請は27日、北京の日本大使館にあった。町村長官は要請の具体的内容について「自衛隊のテント、毛布などを自衛隊機で中国の空港まで運んでほしいという趣旨」と述べ、自衛隊機による中国国内での輸送活動は想定していないと説明した。その上で「できるだけ早く結論を出す」と語った。』(5月28日付時事通信)


【戦略的互恵関係】

地震発生直後は、中国政府は海外からの人的救援を少しためらう場面もあったものの、日本に緊急援助隊の派遣要請をしたのを皮切りに次々と海外からの支援を受け入れていた。また、各地の地震被害の状況も外国メディアにかなり大胆に「開放」して、四川省の被害状況も日々刻々全世界に報道されている。

被害の規模が桁外れに大きいだけに、あらゆる支援を市民レベルでも国家レベルでも迅速に行っていくことが必要だろう。そんな中で、自衛隊機による救援物資輸送が前向きに検討されていることは喜ばしいことであり、大きく言えば、先の日中首脳会談で合意した「戦略的互恵関係」の包括的推進を象徴するケースとなりそうだ。

【これから大切なこと】

今後も被災地の救援を最優先に日本ができることはどんどんやっていくべきだと思う。もちろん、それは中国の被災地の方々のためであるし、もっと言えば自然災害の大型化が進む今日、次回は日本が中国から救援を受ける立場になるかもしれないのだから、日本自身のためでもある。

市民レベルでも、あらゆる機会を捉えて、個人でできることをどんな小さなことでもいいからやっていければと思っている。例えば募金は直ぐにでもできる。みなさんは何か行動を起こしましたか?
  




< 2008年05>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved