上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  


2008年11月21日

【三つ星9店】

ミシュランガイド東京が発表されました。

『仏タイヤメーカーが発行するレストランの格付け本「ミシュランガイド」の09年東京版で日本料理「石かわ」(東京都新宿区神楽坂)が三つ星を新たに獲得した。石かわは昨年の二つ星から星を増やした。21日の発売を前に、総責任者のジャン・リュック・ナレ氏が都内で18日、発表した。三つ星は08年版の8店に石かわの1店を加え、9店になった。

【あの店の星は? 09年版で星を獲得した全店リスト】

 三つ星は「そのために旅行する価値がある卓越した料理」を出すレストランとされる。「ミシュランガイド東京2009」は、21日に全国で発売される。08年版は昨年11月に発売され、27万部(日本語版)がほぼ完売した。』(11月18日毎日新聞)


【美食の都、東京】

それにしても東京は凄いです。今回掲載される施設は合計203軒で、星の数の累計は227個。昨年の191個から36個増えたうえに、二年連続世界一の座を維持することとなりました。

とはいえ、今回二つ星から三つ星に星の数を増やした「石かわ」は、神楽坂の毘沙門天近くにある日本料理店で、店主の石川秀樹さんが、築地から選んだ新鮮な素材を生かした料理が評判の店だそうで、夜のコースは2万円程度の値段だとか。あまり僕ら庶民には関係のない場所みたいです。

【食の安全を考える】

飽食ニッポンの象徴となった世界一の星数を誇るミシュラン東京ガイド。お金さえあれば、世界中の食べ物が最高のおもてなしと最高の味で楽しめる日本人は本当に幸せだと思います。

でも、このところ連日報道されている様々な毒物入りの食品という現実と今回のミシュランガイド東京のギャップはどう考えたらいいのでしょうか。ほんの一握りの人たちだけが最高の贅沢を味わえる環境がいいのか、出来るだけ多くの人が安全な食にありつけるのがいいのか、二者択一ではないにしても僕たちは後者の重要性を片時も忘れてはいけないと思います。昨年に引き続き、食について深く考えさせられるミシュランの発表でした。

  




< 2008年11>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved