上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  


2011年08月24日

【突然の引退】

島田紳助さんが昨日突然引退を発表しました。

『タレントの島田紳助さん(55)は23日、東京都内で記者会見し、芸能界引退を発表した。所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシー(水谷暢宏社長)は「(島田さんが)暴力団関係者との間に一定の親密さをうかがわせる携帯メールのやりとりを行っていたことが判明した」と説明した。
 島田さんは「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)、「紳助社長のプロデュース大作戦! 」(TBS系)、「開運! なんでも鑑定団」(テレビ東京系)など多数のレギュラー番組でメーン司会などを担当しているが、全て降板する。会見で島田さんは、暴力団関係者と会ったことやメールのやりとりを認めた上で、「自分の中ではセーフだと思っていた。吉本から芸能界のモラルとしては駄目だと言われ、認識の甘さを知った」と話した。
 同社の調査で2005年6月ごろから07年6月ごろまで、島田さんと暴力団関係者との間でメールのやりとりがあったことが分かり、本人に事実確認したところ、「何ら弁解することはない」として、自ら引退を申し出たという。島田さんは十数年前に、知人を介して暴力団関係者と知り合い、メールのやりとりのほか、4、5回会ったとしている。
 同社は「法律に触れるものではなく、経済的な利害関係は認められなかった」としながらも、「社会的影響力があるテレビなどに出演しているタレントとしては理由を問わず、許されるものではない」と指摘、事実上の解雇となったことを明らかにした。島田さんは「一番重い処分を自分に与えたので、お許しいただけたらと思います」と話した。』(8月24日付時事通信)


【メディアの深層】

あまりにも突然の引退宣言に日本中がびっくりしているといった感じですが、今日の新聞紙面を見てみると確かに紳助引退のニュースが各紙第一面にリビアの反体制派によるカダフィ邸制圧と民主党の前原氏の総裁選出馬表明と並んで掲載してあって、一芸能人の引退が日本の次期総理候補やリビア情勢と同列でいいのだろうかと僕自身は大手新聞やテレビの取扱い方のほうにあきれてしまいました。

確かに島田紳助さんのニュースは三面記事的には面白いし、重要なのかもしれませんが、新聞のトップやテレビのニュースのトップとして報じられるニュースではないような気がします。

それにしてもこんな唐突なやめ方をするというのは何か裏があるのではと勘繰りたくなりますし、芸能レポーターや社会部記者は当然のことながら引退したから終わりではなく、芸能界と裏社会のつながりをしっかり追及してもらいたいものです。それで何か大きな構図が出てくれば今度は本当に一面トップとなるのではないでしょうか。  




< 2011年08>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved