上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  


2011年09月05日

【脱原発依存?】

まるで官僚の答弁のような言い回しです。

『野田佳彦首相は2日夕の記者会見で、今後のエネルギー政策について「脱原発依存という基本的な流れの中で、丁寧にエネルギーの基本計画をつくらないといけない」と述べ、菅直人前首相が掲げた「脱原発依存」を基本的に継承していく考えを示した。
 定期点検中の原発に関しては「安全性をしっかり確保し、地元の理解を前提に再稼働する」と指摘。新たな原発建設は「現実的には困難だ」とし、「寿命が来たものを更新することはない。廃炉にしていきたい」と語った。』(9月2日付時事通信)


【現状追認が政策?】

野田新首相の調整型的な政治スタンス、経団連の歓迎ぶりなどから原発に関して首相としての新しい方向性などは出てこないとは予想していましたが、首相の口から出た言葉はその予想通りでした。

新首相は、菅首相の「脱原発依存」を継承するとしながら、定期点検中の原発は安全性を確保して再稼働すること、新規の原発建設は困難なこと、寿命が来た原発は廃炉にすると述べました。

ちょっと待って下さい、これって単に現状を追認するということではないですか?寿命が来た原発を廃炉にするなんて当たり前の話ですし、新規の原発建設など福島の核惨事を経た今では誰も現実的だとは思っていません。これを「脱原発依存」だと言えるでしょうか?国民をごまかしてはいけません。現状追認なんて政治家の怠慢以外の何物でもない。就任当初からそんな姿勢で巨大な原子力ムラの権力に立ち向かえるはずはありません。これは原子力ムラに対して「仰る通りにしたします」といっているのと等しい。

今原発を巡り政治家に求められているのは、地震が多発する日本では第二・第三のフクシマが高い確率で起こりうること、そしてまた実際に起こったら日本は経済も社会も文化も何もかも崩壊の危機に晒されるということであり、そういうとてつもないリスクを抱えながら既存の原発を維持していくのか、それとも危険な原発をすべて廃炉にして安全な社会を直ぐに実現するのかという切羽詰まった選択を真剣にやらなければならないということです。

既得権益におもねって住民や国民の命をないがしろにするのであれば、3/11以前となにも変わらない。そういう覚悟でもって原発問題に立ち向かっていってほしいと思うのは僕だけでしょうか?  




< 2011年09>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2020/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved