2008年09月08日

【どっちが本当?】

いったい、どっちが本当なのでしょうか?

 『大相撲の幕内露鵬(28)=本名ボラーゾフ・ソスラン・フェーリクソビッチ、ロシア出身、大嶽部屋=と十両白露山(26)=ボラーゾフ・バトラズ・フェーリクソビッチ、同、北の湖部屋=から簡易尿検査で大麻の陽性反応が出たことを受け、日本相撲協会がドーピング(禁止薬物使用)検査機関に依頼していた精密分析でも陽性反応が出たことが6日、分かった。
 露鵬は同日、東京都江東区の大嶽部屋で取材に応じ「やっていない。自分はこの結果を信用しない」と、改めて大麻使用を否定した。師匠の大嶽親方(元関脇貴闘力)も「本人がそう言う以上、信用する」と述べた。
 両力士は2日に相撲協会が実施した抜き打ち検査で陽性反応を示した。簡易キットによる検査だったため、4日に国内唯一の世界反ドーピング機関公認検査機関へ精密分析を依頼していた。
 白露山の師匠でもある北の湖理事長(元横綱)は5日に「何度でも調べてもらう」と語り、精密分析で陽性と出ても、別の機関に再検査を依頼する考えを示している。
 協会の通報を受けた警視庁も両力士から任意で事情を聴き、両力士の所属部屋などを家宅捜索したが、両力士は大麻の所持、使用などを全面的に否定している。』(9月6日付時事通信)


【備えなき国際化】

本当はどっちが正しいのか?二人の外国人力士か、それともドーピング(禁止薬物使用)検査機関か?精密検査を行ったのは世界反ドーピング機構(WADA)が公認する、国内唯一の検査機関である三菱化学メディエンスで、精度は極めて高く、ほかのスポーツ界では絶対的な権威を持つそうだ。これだけで、素人の僕たちには答えは明白に見える。

一方で、二人の外国人力士は相撲取りとしての生命がかかっている以上、言い方は悪いけれどシラを切り続けるだろう。もともと日本ではただ吸っただけでは犯罪にはならないのだから。

しかし、だからと言って相撲界全体は、二人をそのまま土俵に上がらせて何もなかったように振舞って済むとは考えていないだろう。それは、昨年の八百長疑惑から、朝青龍騒動、時津風部屋の傷害致死事件など外国人にまつわる不祥事に適切な対応が出来ず、右往左往して相撲ファンだけでなく、多くの国民に不信感をもたれていることを相撲協会をはじめとする相撲界全体がよくわかっているからです。

備えなき国際化を進めてきた相撲界。人気が長期低落傾向にあった相撲界は、世界から優秀な人材を集めて活性化を図りましたが、どうも外国人力士が相撲、日本文化、日本社会などを理解して節度ある生活や態度を取る事を十分に教えてこなかったツケが今一気に噴出してきたように見えます。ある意味では、今日本社会が直面するグローバリゼーションの象徴的な出来事かもしれません。

最低限、北の湖理事長は辞任して、相撲協会は総ざんげして一から出直すくらいの決意が必要でしょう。貴乃花親方が言うように名古屋場所休場くらいの決意が相撲界全体に求められているようです。みなさんはどうお考えですか?  




< 2008年09>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2019/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved