2011年10月27日

【全面対決の様相】

九電と枝野経産相が全面対決の様相を呈しています。

『九州電力のやらせ問題に関連して、経営体制を理由に原発再稼働が認められない場合、行政不服審査法などに基づく不服申し立てを九電が内部で検討していることについて、枝野幸男経済産業相は25日の記者会見で「法的な手続きは認められているが、そもそも大臣として許認可権を行使する以前に、周辺住民や国民の理解、納得を得られる状況になるのですか、と申し上げている」と述べ、あらためて九電の姿勢を批判した。

 また枝野氏は会見で、松尾新吾会長が社長就任前後に親族が創業した建設会社をゼネコンに紹介し、親族会社が九電関連の多額の下請け工事を受注していたことについて「報道しか知らずコメントは避けたい」と前置きした上で、一般論として「電力会社は地域経済に大きな影響を与え、地域独占的な地位を保証され、利益が確実に確保される仕組みまで担保されている強い公益性を持った企業体であり、経営は適切なモラルの下で行わなければならない」と述べた。

 九電のやらせ問題で枝野氏はこれまでに、第三者委員会の指摘を受け入れず、真部利応(まなべとしお)社長の続投支持を表明している松尾会長の判断など九電首脳陣の対応に重ねて不快感を表明し、玄海原発(佐賀県玄海町)などの再稼働を政治判断する際に経営体制見直しを重要視する考えを強調。

 これに対し九電首脳陣は、経営体制と再稼働問題を関連させることに反発している。』(10月25日付西日本新聞)


【泥沼の様相】

そもそも今回の九電と経産省の争いは、福島第一原発の核惨事から数か月しか経たない今年6月頃に佐賀県玄海町にある玄海原発の再稼働を急ごうとしたことに端を発しています。そのとき、再稼働を進めようとしていたのは九電と古川佐賀県知事、そして経産省のトップだった海江田経産相でした。それに対して経産省に不信感を抱いて性急な再稼働を止めさせようとしていたのは菅直人首相でした。そう、その時点では経産相と佐賀県知事、九電は再稼働で足並みを揃えて首相だけがその動きを止めようとしていたのです。ほんの数カ月前なのにもう何年も前のように感じます。

ところが、その後内閣が代わり、首相は野田氏、経産相は枝野氏に交代し、玄海原発の再稼働を巡る政府の姿勢も微妙に変化しました。野田首相は脱原発を公言するのをはばかり、枝野経産相は世論の動向を注意深く探りながら原発の延命路線を取っているように見えます。

そんな状況の中での九電のやらせメール問題の発覚。市民の普通の感覚でこの問題を見ていると、明らかに九電の経営陣の姿勢はおかしいと感じます。だからこそ、枝野経産相は東電と同じように厳しく九電を批判しているのです。その点は枝野氏の判断は正しいように僕にも思えます。

【本当の問題】

しかし、少し現実の細かな動きを離れてこの問題を見ていると、もっと大きな部分で枝野経産相も九電も何か論点がずれていると感じます。意図があるとすれば経産相側なのでしょうが、それは両者とも玄海原発の再稼働を住民に納得させるために何が必要かという姿勢に終始しているという点です。

僕は違うと思う。必要なのは原発を安全に運転することだけでなく、地震が多発する日本では次のフクシマが起こるのは時間の問題であり、原発に依存する電力供給体制を早急に見直して本当の住民の安全を確保することです。何が何でも原発の再稼働ありきではないのです。

そういう意味で、今の九電の経営陣は再稼働のために何が必要かしか頭になく、まったく住民の安全など眼中にないということが今回のやらせメール問題で明白になりました。しかし、だからといって経営陣を変えても電力会社や政府の目指すべきは目先の原発の再稼働ではなく、本気で住民や地域ひいては日本が安全で安心に暮らせる社会をどう作っていくかということをとことん追求していくことです。電力会社も政府も原子力ムラと揶揄される人たちにとって、そういう根本的な問題を先送りすることは、多くの被爆者を出して日本を破局の淵に追い詰めようとした東電のフクシマの核惨事の後では絶対に許されないと思います。野党自民党は無責任にも世論が収まるまで原発問題から逃げようとしていますが、政府・民主党はそれは許されません。僕たち市民はその動きをしっかり監視していく必要があります。

そう考えると、早く再稼働しろと催促ばかりする読売新聞など一部大手メディアの姿勢も信用できないことも付け加えておきます。



同じカテゴリー(重大事故)の記事画像
電気と安全-B787に見る現代社会の死角
僕の主張~2030年のエネルギー・環境の選択肢
委員長候補・田中氏の所信表明と原子力の今後
許せない原子力ムラの隠ぺい工作-秘密会議問題
何が何でも60年運転-玄海原発の闇
細野大臣、事故当時の菅氏を擁護
同じカテゴリー(重大事故)の記事
 電気と安全-B787に見る現代社会の死角 (2013-01-17 08:20)
 僕の主張~2030年のエネルギー・環境の選択肢 (2012-08-03 05:26)
 委員長候補・田中氏の所信表明と原子力の今後 (2012-08-02 05:06)
 許せない原子力ムラの隠ぺい工作-秘密会議問題 (2012-08-01 08:51)
 何が何でも60年運転-玄海原発の闇 (2012-07-31 06:31)
 細野大臣、事故当時の菅氏を擁護 (2012-07-26 08:42)


なんだか怪しい雲行きになってますね。
分かりにくいですね。
原発依存から抜け出すためにも、未来エネルギーの開発や未来社会のシミュレーションを早くやって欲しいです。展望があれば多少の不便さは我慢できます。次世代を作る若い力の結集、出来ないでしょうか?研究者の皆さん、技術者の皆さん、経営者の皆さん、頑張って世論を引っ張ってください!資金も集まると思いますよ。
まとまった大きなうねり、どうしても欲しいですねー。

Posted by komorebigarden at 2011年10月27日 07:27

多くの政治家は原子力ムラの厚い壁と利権を手放すことに怖れをなして腰が引けています。市民や経営者や技術者たちが真剣に背中を押さないとまったく駄目です。みんなでしっかり監視しないととてつもない犠牲を払うことになった福島の教訓はまったく活かされず、元の木阿弥です。国家を破滅させるかもしれないという菅さんの切羽詰った気持ちを絶対に忘れてはいけません。

Posted by luckymentailuckymentai at 2011年10月27日 17:06

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
hLg
プロフィール
luckymentai
luckymentai
海や山、自然が好きな九州男児です。あらゆる機会をとらえて、時代の変化をいつも感じていたいと思っています。
Copyright(C)2018/博多っ子の元気通信 ALL Rights Reserved